夫婦ゲンカしたLiLiCoの仲直り法があまりに独特すぎた

    「こういう夫婦になりたい」と称賛を集める、LiLiCoさんと「純烈」小田井涼平さん。夫婦ゲンカをしてしまった時は、どうやって仲直りしているの? LiLiCoさんに聞いてみた。

    最近、転倒して膝を骨折してしまったLiLiCoさん。

    夫で歌謡グループ「純烈」の小田井涼平さんは、LiLiCoさんの入院中に自宅をバリアフリーに整えるなど献身的なサポートで、「本当に優しい」「こういう夫婦になりたい」と称賛を集めている。

    おしどり夫婦の2人だが、時にはケンカすることもある。国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020」のアンバサダーを務めるLiLiCoさんが、一風変わった「仲直り」の方法を明かした。

    「完璧な夫婦じゃない」

    Ryosuke Kamba / BuzzFeed

    LiLiCoさんがアンバサダーを務める「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2020」は9月16〜27日の開催に先立ち、オンラインでの配信が始まっている。「家にいながら海外旅行するような気分で、世界の素晴らしいショートフィルムを楽しんでもらえたら」

    ――仲睦まじいイメージですが、夫婦ゲンカをすることもあるのでしょうか。

    ありますよ。全然、完璧な夫婦じゃないです。

    基本的には仲がいいんですけど、ケンカはしますね。

    ――割と些細なことで?

    そうですね。「ゴミを捨てておいてね」って頼んだのにやってないとか。ほかのことは完璧にやってるのに、何でそこだけ忘れちゃったのかなっていう。

    (趣味の)フィギュアだとか自分のことはやるのに、家のことはやらない。もうちょっとやってくれたら少し楽になるんだけど…。

    最近はあまりないですが、ケンカすると向こうが黙っちゃうんですよ。

    ――男性はそういう人も多いかもしれないですね。

    言い返し方がわからないんだって。

    話さなければわからない

    YouTubeでこの動画を見る

    Tasty Japan / Via youtu.be

    LiLiCoさんおすすめ!スウェーデンのスカーゲントースト&チョコレートボール

    ――LiLiCoさんに言い返せる男性は、なかなかいないでしょう。

    多分、いない(笑) なぜならば、私の方が正論なので。

    男の人って時には話したくないこともあると思うんですよ。

    でも、そこは喋ってくれないと、私にはわからない。すごく長く一緒にいるわけじゃないから、どういう気持ちなのか教えてくれないとダメだよって伝えてます。

    苦手なこと、嫌なことでも、当人同士がしゃべらないと何も解決しないですよ。

    相手が黙ってしまったら

    時事通信

    「純烈」の小田井涼平さん

    ――相手が黙り込んでしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

    黙ってる時はね、「そしてまた〜黙っちゃった♪ 会話しないと〜わかんないもんね♪」って歌いながら目の前をスキップする。

    ――仲直りのクセがすごすぎる(笑)

    「しゃべらないと、わから〜ない♪」って、独り言みたいな感じで。作詞作曲・LiLiCo。

    誰でも気まずいなって思う時はあるから。そういうことを何回かやって、「今日は逃さねえぞ!」って、ちゃんと食卓で話しましたけどね。

    トイレのドアと靴下問題

    次に泣きながらある言葉を書いた… 「パンケーキ」 実はこの日、僕がパンケーキを作って欲しいとリクエストしていたのですが、その材料を買いに行く途中で怪我をしてしまったようで…作れないことが悔しかったみたいです。 今度LiLiCoがパンケーキを作ったら、涙なしでは食べられないでしょうね。

    ――スキップしながら歌うLiLiCoさんの姿が目に浮かびます。

    あとね、主人はトイレが終わった後にドアをちゃんと閉めないんですよ。ちょっとだけ開いてるから、私が毎回「バン!」ってやってたの。

    3年間「バン!」ってやり続けて、最近やっと閉めるようになりました。

    ――3年かけて成長したんですね。

    成長しました(笑)

    旦那さんは、靴下も丸めたまま洗濯カゴに入れちゃう。2人で取材を受けてる時に「私が靴下を引っ張ってる」って言ったら、主人は「俺、丸めて入れてない」って言うわけ。

    それで、家帰って洗濯カゴ見たら丸まってたから、「ほらね」って。それから、すごくきれいに並べて入れてくれるようになりました。

    好対照な夫婦

    YouTubeでこの動画を見る

    Tasty Japan / Via youtu.be

    LiLiCoさんおすすめ!3種のスウェーデンパンケーキ

    ――小田井さん、けっこう天然。

    私も疲れてる時は裏返しのまま入れちゃうし、別に大したことではないと思ってたんだけど。取材で「丸めてない」なんて言うもんだから、「いやいや、思いっきり丸めてるわ!」って。

    でもね、彼もスーツケースのなかの衣類はすごくキッチリしまってるんですよ。もうショーケースかっていうぐらいキレイに。

    私なんかスーツケースにポンポン投げ込んじゃうから、本当にダメなの。

    ――ズボラなところと几帳面なところと。なかなか好対照なカップルですね。

    この間、怒ったんです。「ずっと独身だったから…」って言うから、「もう結婚して3年だよ! さすがに慣れてください」って。

    「お母さん」はイヤだけど

    Ryosuke Kamba / BuzzFeed

    「『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020』では、ジョニー・デップが出演する『ブラックガイアンドラ』も上映されるから、彼のファンは必見。共演者も豪華で、胸打たれる作品です」

    ――夫婦なのに「お母さん」みたいになっちゃうのも、イヤですもんね。

    そうなんですよ。お母さんにはなりたくない。でもたまに、ちょっとお母さん風にしてみるのは面白いですけど。

    朝起きてくると、髪の毛がボサボサで、子どもみたいにフラフラしてるの。

    「よかったね〜。もう起きたの〜? おはよう」

    「うん」

    「コーヒー飲むのかな? ヨーグルト食べるのかな?」

    みたいな感じで、声をかけてみたりして。190センチ近くあるんだけどね(笑)

    ――ラブラブじゃないですか。

    いやー面白い。笑っちゃいますね。

    「のろけた」なんて書かないで

    #ハナコ #チョコプラ に続きドッキリ企画ラストを飾るのは芸能界のおしどり夫婦👫 #LiLiCo と #純烈・小田井🎤✨ 小田井さんが決死のドッキリをLiLiCoさんにしかけるが…🙈 LiLiCoさんの予想外の行動に思わずたじたじ😳⁉️ #TBS #浜田雅功 #ダウンタウン #オオカミ少年

    ――「ファンのために純烈のコンサートには行かない」というマイルールは、いまも続けているのですか。

    はい、続けてます。コンサートは見たことないです。やっぱり純烈ファンの時間ですから。テレビ番組での共演はしてますけど、向こうがもっと売れたらやめるかもしれない。

    彼一人で大きな番組が入ったりすると、すごく嬉しい。やっぱり面白い人なので。『相席食堂』を見てファンになったっていう人もいっぱいいますし。

    だけど、記事とかで「のろけた」って書かれるのは、すごくイヤ。私は質問に答えているだけ。聞かれてもいないのに、「ラブラブなの〜」って言うのがのろけでしょ。

    媒体でラブラブする人って好きじゃないんです。それ、家でできるじゃん! って思うから。

    一緒に年を重ねたい

    講談社 / Via amazon.co.jp

    LiLiCoさん著『遅咲きも晩婚もHappyに変えて 北欧マインドの暮らし』

    ――ビジネスカップル的な。

    そうそう。ウソにしか見えないっていう。

    私たちは常に自然体でいたい。今朝ケンカしたなら、それはそれでいい。よく見せようとも思ってないし、本当のことしか話さないから。

    もちろん、お互いにイヤな部分だってあるけど、それをすベて電波に乗せるのはあんまり楽しくない。誰もが完璧な人間じゃないからさ。

    コロナはよくないことだけど、会える時間が増えたのは嬉しいです。それまでは朝4時に送り出して、帰ってくるのが夜中の12時みたいな感じだったので。

    このまま一緒に、年をとっていけたらいいなって思いますね。

    Ryosuke Kamba / BuzzFeed

    LiLiCoさん

    〈LiLiCo〉 1970年生まれ。スウェーデン出身。映画コメンテーター、俳優、歌手、プロレスラーなど幅広い分野で活躍中。著書に『遅咲きも晩婚もHappyに変えて 北欧マインドの暮らし』(講談社)など。アンバサダーを務める国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020」が、9月16〜27日にオンライン会場や都内の複数会場で開催予定。オンラインではすでに先行配信中