Updated on 2019年7月5日. Posted on 2019年7月5日

    藤原竜也が公開処刑!? 「セクシーじゃない」と言われ見せた本気

    『DEATH NOTE』『カイジ』など数々の作品で、鮮烈な印象を残してきた藤原竜也。名演出家・蜷川幸雄に見出され、芝居の世界に入った藤原が、長女・蜷川実花の監督作品『Diner ダイナー』に初主演する。

    Photo by 黒羽政士

    名演出家・蜷川幸雄の薫陶を受けた藤原竜也が、長女・蜷川実花の監督作品に初主演する。

    映画『Diner ダイナー』。演じるのは、殺し屋ばかりが集う食堂の店主ボンベロ役だ。

    両者と相まみえた藤原だからこそ知る、蜷川親子の共通点とは。「愛憎」という言葉では語り尽くせない、蜷川幸雄との濃密な思い出も明かした。

    究極のどん底

    Photo by 黒羽政士

    ――映画では、玉城ティナさん演じるオオバカナコが、自分の価値を見失って絶望した末に、藤原さん演じるボンベロの食堂へウェイトレスとしてやってきます。藤原さんには、そうした挫折体験はありますか。

    ありますよ。お父さんの方の蜷川さんは、体を壊してから自分の死を見つめ、自分自身と対峙しながら仕事をしていました。こちらも生半可な気持ちじゃできないですよね。

    なのに、何をやっても結果が出ない。手も足も出ない。アイディアも出ない。究極のどん底ってこういうことだったんだっていうぐらい、いろんな体験をしました。

    舞台の千秋楽を迎えてもOKをもらえず、突き放されたこともいっぱいありましたし。「時間が解決する」なんてよく言うけど、そんなことばっかりですよ。

    時事通信

    厳しい演出で知られた蜷川幸雄。舞台『身毒丸』のオーディションで藤原の才能を見出した。

    ――千秋楽が終わったら「なんだかんだよかったよ」という一言ぐらいはありそうですが。

    それも言わずに。特に晩年はそういうことばかりでしたね。

    ――愛があればこその叱咤というか。

    そうですね。周りはそれを愛と言いますけど、僕にとっては愛というよりは…なんて言ったらいいんだろう。

    憎しみというか、嫉妬めいたものもあったと思うんです。「俺がこんな体なのに、お前は元気でいいよな」みたいな。それは苦しかったですよ。

    でもそこで得た蓄積っていうのは、いまも残ってるんじゃないかと思います。

    蜷川親子の共通点

    時事通信

    蜷川実花(左)と蜷川幸雄

    ――蜷川幸雄さんと蜷川実花さんの共通点は。

    常に新しい風を入れようとする姿勢かな。

    立ち止まらず、自らを鼓舞して疑い、絶えず新しいことにチャレンジしていく姿勢が共通していますね。

    実花さんには「魅せる技」がある。色彩の感覚が圧倒的で、劇中で繰り広げられる殺戮シーンも、画に見応えがあるんですよ。さすがだな、と思います。

    ボンベロというキャラクターも難しいし、世界観も難しい。蜷川実花さんでなければ成立しなかった映画ですね。

    「ちっともカッコよくない」

    Photo by 黒羽政士

    ――実花さんからはどんな演出、指示がありましたか。

    天才シェフの役なんですけど、何が大変だったかって、僕もともと料理を一切しないので。

    鍋の匂いのかぎ方だとか、塩の振り方ひとつとっても、実花さんから「ちっともカッコよくない」「全然セクシーじゃない。もっと落ち着いてできない?」と言われて(笑)

    皆さん、こんな大変な思いをして料理をつくっているんだなと。

    肉を「やらしく」触るには

    ©︎2019「Diner ダイナー」製作委員会

    映画『Diner ダイナー』

    ――結構、厳しいダメ出しですね。

    これが面白くて。「肉をさばく時の手元が慣れてない」「いやらしくない」と言うんですよ。でも、どうやったら肉をやらしく触れるのか、僕にはわからないわけ。

    僕自身はなんとなくこそばゆい部分もあって、やらしく塩を振るのは嫌だなと。

    「ボンベロだったら、もっとバーン!でいいんじゃないですか」と言うんだけど、「絶対違う! 竜也、もっと何かない?」って。

    トルコの塩ふりシェフが少し前に流行ったじゃないですか。あれはもう出ちゃってるから、「何がいいですかね?」とかフードコーディネーターの先生にも相談しながら。

    公開処刑のような撮影でした(笑)

    料理の腕は上達したが…

    Photo by 黒羽政士

    ――ちゃんとご自身でつくっていたのですね。

    肉をブロックにして、パティにするところから全部自分でやって。実際にスフレを焼いたり。そういうのをひと月ぐらいやったんですよ。

    ――それだけ料理の腕が上達したら、プライベートでもつくってみたくなるのでは。

    ちっとも(笑) 撮影している時は思ってたんですよ。「今度、家でもハンバーガーつくってみよう。めっちゃうまくなったし」なんて。

    でも、一回もやってないの。もったいないですよね。

    「欲深い方なので」

    Photo by 黒羽政士

    ――作品のテーマのひとつに「願いを叶えることは果たして幸せなのか」という問いかけがあると思います。藤原さんは願いを叶えたいタイプですか?

    そうですね。割と欲深い方なので、叶えたらまた次に行きたいなと思っちゃいます。

    いまは吉田修一さん原作の『太陽は動かない』という作品(来年公開のドラマ・映画)の撮影をしているので、とにかくそれに集中して撮りきりたい。

    まだ一緒に仕事をしたことがない監督や俳優、演出家もいっぱいいるし、やるべきことはたくさんあるんじゃないかなと。

    Photo by 黒羽政士

    〈藤原竜也〉 1982年5月15日生まれ。埼玉県出身。1997年、舞台『身毒丸』のオーディションで蜷川幸雄の目にとまり、俳優デビュー。映画『バトル・ロワイアル』『DEATH NOTE』『カイジ』『るろうに剣心』『22年目の告白 -私が殺人犯です-』などヒット作、話題作に数多く出演。ゴールデン・アロー賞演劇賞、日本アカデミー賞主演男優賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀男優賞・杉村春子賞など受賞歴多数。

    Contact Ryosuke Kamba at ryosuke.kamba@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here