back to top

キャベツ太郎は呼び捨てなのに…蒲焼さん太郎はなんで「さん」付け?

何か深い理由があるに違いない!

「キャベツ太郎」「焼肉さん太郎」「蒲焼さん太郎」…。駄菓子の多くに「太郎」がつくのはなぜなのでしょうか。そして呼び捨てとさん付けの境界線は? 駄菓子メーカーの菓道(本社・茨城県常総市)に長年の疑問をぶつけてみました。

同社が製造する駄菓子で「太郎」がつくものは、現在販売中のものに限っても実に22種類。これほど多くの太郎菓子が誕生した理由は何なのか。

担当者は「一番最初に発売した『餅太郎』がヒットした関係で、私どもの商品には太郎が多いんです」と明かしました。

餅太郎の発売は菓道が株式会社化する前年の76年。会社よりも長い歴史を持つ、元祖・太郎菓子なのだそうです。

その後、キャベツ太郎(81年)、玉葱さん太郎(83年)と太郎菓子は年々増殖を続けていくことになります。

広告

もしかして「さん太郎」っていう名前なの?

となると気になるのは「さん」が付く、付かないの区別。22種類のうち呼び捨ては13種、さん付けは9種と呼び捨てがやや優勢ですが、何か意味があるのでしょうか。

そもそも「さん」は敬称なのか、「さん太郎」という名前の一部なのか…など疑問は尽きません。

【呼び捨てグループ】

餅太郎

NEW餅太郎

キャベツ太郎

もろこし輪太郎

焼肉カルビ太郎

わさびのり太郎

ビーフジャーキー太郎

いか太郎

甘いか太郎

のしいか太郎

どーん太郎

チョコ太郎

カステラドーナツ太郎

【さん付けグループ】

蒲焼さん太郎

焼肉さん太郎

お好み焼さん太郎

酢だこさん太郎

ラーメン屋さん太郎

焼きそば屋さん太郎

のし梅さん太郎

玉葱さん太郎

朝の!!ラスク屋さん太郎

(※味や分量の違いは無視。ふー棒さん太郎は委託製造のため除外)

この点について担当者は「『さん』は丁寧な表現にするための敬称と考えています」と回答。

「お客様からもよくご質問いただくのですが、ネーミングや呼びやすさを考えて変えているだけで、『さん』が付いている方が偉いというわけではありません」と説明しました。

敬称だとすると、「さん太郎」ではなく「太郎さん」の方が語順として適切な気がしますが…。

「ごもっともなのですが、呼びやすさを踏まえて勝手に付けさせていただいております」(担当者)とのことです。

語順が不自然なことで、かえって印象に残るので、ネーミングとしては大成功なのかもしれません。

キャベツ太郎にキャベツは入ってません

ちなみに太郎菓子で最も売れているのは、82年から販売されている「蒲焼さん太郎」だそう。さん付けも納得の貫禄。まさにキング・オブ・太郎です。

広告

最後に豆知識をひとつ。

「キャベツ太郎」にキャベツは入っていません。「スナックの形状が芽キャベツに似ているのが由来」という説もありますが、当時の担当者はおらず真相はわからない、ということでした。

BuzzFeed JapanNews
広告


Ryosuke Kambaに連絡する メールアドレス:ryosuke.kamba@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.