2019年10月4日

    「蒼井優に遊ばれた!」初共演した鬼才が受けた手荒い洗礼とは?

    新井英樹原作の漫画『宮本から君へ』が、池松壮亮と蒼井優の出演で映画化された。新井は主人公・宮本浩の父親役で、俳優としても出演。蒼井とのドキドキの初共演を振り返った。

    ©2019「宮本から君へ」製作委員会

    映画『宮本から君へ』は、9月27日から新宿バルト9ほか全国で公開中。配給:スターサンズ/KADOKAWA

    新井英樹の名作漫画『宮本から君へ』の劇場版が、9月27日に公開された。原作者でありながら、主人公・宮本浩の父親役で出演した新井は、ヒロイン役の蒼井優から手荒い洗礼を受けたという。

    断られると思ったのに…

    ――宮本の父・武夫役。見事にハマってました。

    だまされました!

    監督の真利子(哲也)君からは「宮本を映像化したい」「うまくいきそうです」「やっぱりダメになりそうです」みたいな話を散々聞かされていて。「自分に協力できることがあったら何でもやるよ」とは言ってたんです。

    そうしたら、まずドラマ版(昨年、テレビ東京で放送)で父親役をやってくれないかと。いくらなんでもズルいぞと思いつつ、「一人でもよくないって言ったら俺は断るから」と条件付きでOKしました。

    宮本役の池松(壮亮)君は真利子君以上の原作原理主義者。「漫画家の俺を出すのは、プロとして違う」と反対してくれると計算してたのに……。

    Ryosuke Kamba / BuzzFeed

    新井英樹

    ――誰も止めてくれなかった(笑)

    そうそう。

    ドラマが終わった後も、色々すったもんだがあって。ようやく映画化ってなった時に、真利子君は「新井さん大丈夫です。今度は新井さん出ませんから」と言ってたわけ。

    それなのに撮影開始の1ヶ月ぐらい前に、やっぱり出ることになったらしくて。

    「蒼井優慣れ」しなくちゃ

    ©2019「宮本から君へ」製作委員会

    ――映画は「出なくていい」という話だったんですね。

    だって気が狂ってるでしょ? 素人がいきなり池松壮亮や蒼井優とテーブル囲んで演技するって。キツイでしょ、普通。

    これは「蒼井優慣れ」しておかなきゃいけないと思って、撮影現場を見に行きました。

    あるシーンのリハーサルで、池松・蒼井の2人がバーって泣いて。蒼井さんは激怒して立ち上がって、目の前の机に置かれたラムネの瓶を持って行こうとした。

    でも、途中でやめて「あ、これは持っていかないか」って急に普通のテンションに戻ったんです。いやいや、あなたいままで、ものすごい感情高ぶらせて泣いてたじゃんって。

    こんな一瞬で切り替わるんだっていうのが衝撃で。慣れようと思って行ったのに、ますます幻影がでかくなりました(笑)

    「アレはかましてきてた」

    ©2019「宮本から君へ」製作委員会

    ――まったく気圧されることなく演じているように見えましたが。

    いやいや、キツかったっすよ。

    テンションが高くてハードなシーンが多いなかで、その日は少しのんびりできるシーンだったみたいで。2人ともギリギリまで雑談してるんですよ。「よーい、はい」の直前まで。

    しかも俺にも話を振ってくるの。ああ、こういう雰囲気でやるんだと。合わせて喋ってたけど、頭の中はすごくテンパってました。

    ――先生の緊張をほぐそうとする、蒼井さんなりの配慮だったのでは?

    いや、アレはかましてきてた。いじりだと思う。遊ばれてましたね(笑)

    池松を必死で止めた

    ©2019「宮本から君へ」製作委員会

    ――池松さんは「原作原理主義者」というお話がありましたが、宮本を演じるために本気で歯を抜こうとしていたそうですね。

    真利子君と2人でウチにやってきた時に「歯、抜きますよ」って言うから、「いや、ちょっと待って」と。俺とカミさんで必死に止めて。

    「俺、ほかの映画だったら止めないけど、俺原作の作品でそれはやめて」って。

    やっぱり歯を抜くと、いろいろバランスが崩れるだろうし。思考回路だって変わっちゃうかもしれないし。歯の本数と認知機能にかかわりがあるとも言われているから。

    本気だということがわかった時点で、「もういいよ」と言いました。人生があって、そのなかに役者の仕事がある。その気持ちだけで十分でしょ。

    Twitterで生存確認

    ©2019「宮本から君へ」製作委員会

    ――宮本と真淵拓馬(一ノ瀬ワタル)との非常階段での決闘シーンは手に汗握りました。

    あのシーンは、怖くて撮影を見にいけなくて。池松君から連絡もないから、心配になって翌日に「池松壮亮」でTwitterのリアルタイム検索をかけました。誰かが「池松君を見た」と書き込んでたので、じゃあ大丈夫だったんだなと。

    ――直接聞くこともできないし、Twitterで生存確認して(笑)

    そうそう。

    「こんなの撮れるの?」

    ©2019「宮本から君へ」製作委員会

    ――宮本と中野靖子(蒼井優)が愛し合う場面が、非常にしっかりと濃密に描かれていて。それだけに、その後に2人を襲う試練を見るのはとてもつらかったです。

    2人の一番いい時間の描き方が、すごくいいなと思って。表でキスするシーンとか、初めて部屋に行って飯を食うシーンとか。

    すごく失礼な言い方だけど、真利子君こんなの撮れるの?って(笑)

    宮本と中野靖子がどういう手順を踏んでああなったのか、脚本段階ではそこまで描いてなかったので、「届くのかな?」と思ってたんだけど、「届くでしょ、これ」って思った。

    蒼井優が「素で泣きました」

    YouTubeでこの動画を見る

    スターサンズインフォ / Via youtu.be

    『宮本から君へ』90秒予告

    ――「試練」について、具体的なネタバレは避けますが、映画のパンフレットでは《25年前にボクが片付けられなかった「あのシーン」の顛末、ずっと残っていた心の罪の想いを ボクのこどものような歳のふたりの演者が救済してくれました!!》と綴っていますね。

    解決できるって思ってたんだけど、いろいろ話を聞いたり、自分で描いたりしているうちに、これは解決できないなと。

    いくら宮本が頑張っても、中野靖子のなかできちんとした整理をつけない限り、救うことができない。

    宮本がやった非常階段のケンカだとか何とかっていうのは、何の意味もないことなんですよ。それを2人が認めたうえで、中野靖子が宮本という男をのみ込むかどうか。

    できあがった映画を見たら、池松君の声が非常に良くて。蒼井さんに感想を聞いたら、「いやもう私、素で泣きましたよ」と言ってくれて。ああ、あの蒼井優が素で宮本を受け入れたんだったら、俺もういいやって。

    ――作者としても本望だと。

    そこでもし、蒼井さんが「私だったら無理だけどね」と言っていたら、また持ち越しになったと思うんだけど、素で受け入れてくれた。

    中野靖子の問題を、中野靖子役の蒼井優がのみ込んだ。ああ、この男をよしとしてくれたんだったら、もう誰に何を言われてもいいや、と思いましたね。

    CoMax / Via amazon.co.jp

    新井英樹『宮本から君へ』

    新井英樹(あらい・ひでき) 1963年、横浜生まれ。明治大学卒業後、文具メーカーを1年で辞め、漫画家を志す。1988年、ちばてつや賞入選。翌年、『8月の光』でアフタヌーン四季賞・夏の四季大賞を受賞し、漫画家デビュー。1993年、『宮本から君へ』で小学館漫画賞〈青年一般部門〉。『ザ・ワールド・イズ・マイン』『キーチ!!』『SCATTER -あなたがここにいてほしい-』などの話題作、問題作を次々と発表。昨秋の『愛しのアイリーン』に続き、今秋『宮本から君へ』が劇場公開された。インタビュー本『ザ・ワールド・イズ・ユアーズ:この熱い魂を君にどう伝えよう』が発売中。丸井錦糸町店で10月15日まで、妻・入江喜和との「画業30周年原画展」を開催、トークショーやサイン会も予定している。

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form