Posted on 2018年4月24日

    クラブの著作権侵害、全国初の仮処分執行 JASRAC「未払い額は900万円以上」

    DJやカラオケなどで無断利用

    日本音楽著作権協会(JASRAC)は4月24日、広島市中区のダンスクラブ「LEOPARD」による著作権侵害に対して、全国で初めて裁判所の命令による仮処分が執行されたと発表した。

    時事通信

    東京都渋谷区のJASRAC本部(左)と古賀政男音楽博物館

    ターンテーブルなど「封印」

    JASRACによると、LEOPARDは2014年12月の開業以来、DJやVIPルームのカラオケなどで、JASRACの管理著作物を無断利用してきたという。

    JASRACは2017年12月、経営者らを相手取って、広島地方裁判所に管理著作物の利用禁止や、音響機器などの執行官保管を求める仮処分の申し立てを行った。

    金額面などで両者が和解に至らなかったため、広島地裁が仮処分命令を出し、4月23日付で執行された。ターンテーブルやスピーカー、アンプなどの機器が、使用できないように「封印」されたという。

    「社交場」2割5分が未払い

    クラブでの音楽利用に関しては、曲ごとに支払う個別許諾と、面積や料金、営業日数などに基づいて金額を定める包括契約の仕組みがあるが、LEOPARDではいずれの方法でも支払っていなかった。

    JASRACは現在までの未払い額を「900万円以上」と算定している。

    JASRAC広報部は「クラブやライブハウス、バーなどの『社交場』のうち、2割5分が利用許諾契約の手続きをしてただけていない。これまでも手続きについて案内してきたが、今後も引き続き取り組んでいきたい」と説明している。

    BuzzFeed JapanNews


    Contact Ryosuke Kamba at ryosuke.kamba@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here