back to top

耳が不自由な青年が驚いた、隣人たちの秘密の行動

泣いてるんじゃないよ、目にゴミが入ったんだ。本当だってば。

ムハラムはイスタンブールに住む、耳が不自由な若い男性だ。つい先日、彼の姉オズラムは、弟に素晴らしい一日を体験させようと、映像プロダクションとサプライズ企画を実行した。

オズラム(左)と、彼女の耳の不自由な弟・ムハラム
youtube.com

オズラム(左)と、彼女の耳の不自由な弟・ムハラム

広告会社レオ・バーネットとサムスンは、ある広告キャンペーンのため入念な準備をした。彼らは1ヶ月を費やしてムハラムの家の近所にカメラを設置し…

…そして、彼の隣人たちに手話を教えた。

ある日、姉のオズラムはムハラムを外に連れ出す。ムハラムは、いつもの普通の日だと思っていた。しかし、地元の店の売り場にいる男性が、手話を使って「トーストしたベーグルはいかがですか?」と話しかけてきた。

店の外に出ると、男性がもう一人、こんどは「リンゴをお分けしたいのですが」と手話で話しかけてきた。

この時点で、彼は少し変だと思い始めた。姉に「彼らは知り合いなの?耳が不自由なの?」と聞く。

歩いていると、女性がぶつかってきた。その女性も手話で「ごめんなさい」と謝る。

姉とタクシーに乗り込むと、今度は運転手が手話で「こんにちは」と挨拶してくる。

いったい、何が起こっているんだ??

彼らが広場でタクシーを降りると、近所の人たちが彼を出迎えた。

その時、製作クルーは、これは全部、サムスン・トルコの新しい聴覚障害者向け テレビコールセンターの宣伝の一部だと ネタばらし。

ムハラムは、感情を抑えきれなくなる。宣伝であったとしても、本当にすてきな出来事が起こったのだ。

:')

サムスンのスポークスマンはBuzzFeedに対し、宣伝に映っているのは、どれも本当に起こったシーンなのだと話している。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com