• stayhomejp badge
  • kodomo badge

「赤ちゃんの泣いてる姿が、伝説になるかも?」逆転の発想をくれる、クリエイティブなおもちゃ

「心に余裕ができそう」「子どもが小さい時にほしかった!」泣いている赤ちゃんだけでなく、両親も元気にするクリエイティブなおもちゃ。その名も「泣いてる赤ちゃんが、偉人漫画の1コマのようになるモビール」が、話題になりました。

泣いている赤ちゃんが遊ぶだけでなく、両親に「偉人の赤ちゃんが泣いている!」と思わせる、クリエイティブな作品がTwitterで話題になっています。

赤ちゃんからビシビシ伝わる“大物感”。

佐藤ねじ / Via Twitter: @sato_nezi

吊るされているのは、佐藤ねじさん(@sato_nezi)の、「泣いてる赤ちゃんが、偉人漫画の1コマのようになるモビール」という作品。

アートディレクター・プランナーをしている佐藤ねじさんは以前にも、母親が不在の間でも子どもを安心させることができる「等身大パネルの母」という、思いもよらない名作品を発案し、Twitterで話題となりました。

今回の作品は、いったいどのようにして作られたのでしょうか。BuzzFeed Newsはお話を伺いました。

「このギャン泣きも、伝説になるかもしれない」

制作したきっかけは、大泣きする赤ちゃんが将来偉人になることを想像し、「このギャン泣きタイム、すげー貴重映像!」と思ったこと。

そこから漫画で見るようなナレーションのシーンを連想し、制作に至ったのだそう。デジタルで作成し、息子さんの写真に合成しました。

作品の目的は、「逆転ポジティブ」を得られることです。

大泣きする赤ちゃんに親が大変だと感じてしまった時でも、モビールによって「このギャン泣きも、伝説になるかもしれない」と、第三者視点を持たせる意図があるそうです。

なかでもこだわりは、長い棒線(全角ダッシュ)や、セリフです。

佐藤ねじ / Via Twitter: @sato_nezi

3月5日午前10時時点で、Twitterの投稿に付いたいいね数は21.6万、RT数は4.9万。見た人からは、「心に余裕ができそう」「子どもが小さい時にほしかった!」などのコメントが寄せられています。

佐藤ねじさんは、「これを機に、おもちゃ作家の奥さんにモビールを作ってもらい、実際にどう感じるかやってみようかなと思いました」。製品化した際には、「ネタとして友達へのギフトに」もできるそう。

このモビールを使うことで、赤ちゃんと過ごす時間がより愛おしいものになりそうですね。