こりゃたまげたわ…。芸術品みたいなホットケーキを焼くための、たった3つのコツ

    なんだ〜こうすれば綺麗に焼けるんだね〜! もっと早く知りたかった〜

    もしかしたら、完璧なホットケーキの攻略技を見つけ出してしまったかもしれない……!

    Twitterに「なんで私はこんなに上手くホットケーキが焼けるの???」いう言葉とともに投稿された3枚の写真。

    その画像には「ホテルのやつやんこれ」「前世でどんな功徳を積めばこんなに綺麗に焼けるようになるのか」といったリプライが寄せられ、表面の焼き色を称賛する声が集まっています。

    深夜に見たらお腹が空いてしまいそうで、注意が必要な画像が……?

    じゃ〜〜〜〜ん!!!均一で焼きムラのない、美しすぎるキツネ色がフライパンに乗っています……。

    HarukaさんのTwitterより / Via Twitter: @Ohaka_hakaO

    上に乗っているバターまで、絵に描いたようなホットケーキです。写真なのに、いい匂いがするような気がしてきちゃう……不思議ですね。

    HarukaさんのTwitterより / Via Twitter: @Ohaka_hakaO

    これ、飯テロっていうんですよね。断面とバターのジュワッと感がたまりません。早くどうやってつくるのか知りたい……!

    HarukaさんのTwitterより / Via Twitter: @Ohaka_hakaO

    ということで、BuzzFeedは投稿者のHarukaさんに話を聞きました。

    HarukaさんのTwitterより / Via Twitter: @Ohaka_hakaO

    このホットケーキをつくる前日まで、カナダにワーキングホリデーに行っていて、現在は国内の実家で隔離生活を送っています。

    時間を持て余す中で、家族が買ったホットケーキミックスをキッチンで発見。今回つくるに至ったそうです。

    「最近、ホットケーキを焼いていなくて、久しぶりに焼きました。小学校の頃からお菓子をつくることは割と好きでした。その時からホットケーキは、よく焼いてたと思います」

    本題の、美しい焼き色への分かれ道はというと……?

    HarukaさんがTwitterに投稿したポイントは以下の3点。

    ・フッ素加工のフライパンを使用して、油をしかない

    ・牛乳を気持ち多めに入れる

    ・空気を含むように、おたまで上から落として混ぜる

    このやり方について、Harukaさんは「自己流です。すべて感覚でやってるので、なぜ始めたかはわかりません…」とコメントしています。

    ほかにもポイントがあるのでは?と根掘り葉掘り尋ねたところ、「考えてみたんですけど特に無いです…」ということでした。

    今回ホットケーキと一緒に食べたのは……😋

    カナダで買ってきたメープルバターだったんだとか。

    「定番ですがバターと蜂蜜やメープルシロップが好きです」

    「本当にすべて感覚でやってて、自分にとっては普通のことだったので、こんなに反響が来ると思わず、本当にびっくりしています…」

    「みんなホットケーキがお好きなんだなぁ…って、Twitterだなぁ…って…(笑)」