「天才現る」。ダメだ!と思っても、ついTwitterを開いてしまう人のアイデアが拍手ものだった!

    時間泥棒のTwitterと上手に付き合う方法があった〜〜!😂

    な、なんと……! Twitterを見すぎてしまう問題を解決する方法を編み出してしまったよ……。

    あるデザイナーの男性がつくった、Twitterを見すぎないようにする工夫が話題です。

    bayashi|designerさん(@bayashino_ddd)が2枚のスクリーンショットをツイートすると、1万2千回以上リツイートされ、5万5千を超える「いいね」が集まりました。

    「これ、今の私に必要過ぎる」「天才現る」など反響が寄せられています。

    画面に映る24のアプリすべてが、Twitterのアイコンになっています。ただ、本物は1つだけなのです。

    bayashi|designerさんのTwitterより / Via Twitter: @bayashino_ddd

    この中から、Twitterではないアプリをタップすると……?

    英単語学習アプリの「mikan」に飛ばされてしまいます。これは参りますね……。

    bayashi|designerさんのTwitterより / Via Twitter: @bayashino_ddd

    BuzzFeedは作者で投稿者のbayashi|designerさんに話を聞きました。

    bayashi|designerさんは現在、フリーランスで、デザインと写真のお仕事をしています。

    ここ数カ月間、おうちにいる時間が長く、ついついTwitterを開いてしまうという悩みから、このようなアイデアを考案しました。

    「『勉強しないと』というプレッシャーがあり、Twitterをあまり開かないような仕組みを考えてみました。英単語を覚えたかったのが主ですが、身内のフォロワーさんに『楽しんでもらえたらいいな』と思い、ある程度認知度の高いmikanのアプリを選びました」

    大きな反響に「正直ここまで反応があるのは想定外でした」と驚いた様子です。

    どのようにつくったのか尋ねると、「きせかえ機能」だと教えてくれました。

    「iPhoneのアイコンきせかえの機能を使って、Twitterのアイコン画像にmikanのアプリを設定しています」

    しかし、思うようにいかなかった部分もあるそう。それは、本物のTwitterアイコンとニセモノのTwitterアイコンがランダムに入れ替わらないことでした。

    「アイコンの場所を変更する必要はありそうです。リプライで詳しい方が教えてくれたのですが、きせかえ機能で、mikan90%、Twitter10%など飛び先の調整ができるようです」

    その調整ができるなら、ここまで多くのアイコンを用意する必要はなさそうですね。ただ、アイコンが多ければ多いほど、どれが本物のTwitterか覚えられなくて良さそう。

    以上、在宅ワークでTwitterを見る時間が増えた人にぴったりのアイデアでした🐣