幼稚園におとな用のATMを作った理由を聞いてみたらこんなやさしい回答が…!

    今までも数々のヒット付録を飛ばしてきた小学館の雜誌「幼稚園」。今回はセブン銀行とコラボして、「ATM」がつくれるように。担当者に、その狙いを聞きました。

    8月1日に発売された幼稚園(9月号)の付録が、話題を呼んでいます。

    小学館提供

    そう……!付録が、なんと「組み立て式のATM」なのです。

    幼稚園9月号ふろくは「セブン銀行ATM」。モーターユニット内蔵で、お札の出し入れが楽しめます。お札を入れるときは、なるべくまっすぐ入れてください。本物と同じサイズのお札が12枚付き。8月1日ごろ発売です。

    @youchien_hensyu

    30万以上いいねされるほど話題を呼び、「幼稚園に入り直してくる」「へそくりを入れておけば実質バレない…?」などという大人たちのコメントも相次いでいます。

    どうして、幼稚園でATMなんでしょうか……?小学館に聞いてみました。

    編集部の大泉高志さんは、「お子さんが触りたいけど、触らせてもらえないものを付録で実現するというコンセプトです」とBuzzFeed Newsの取材に語ります。

    Reona Hisamatsu / BuzzFeed

    そうしてATMに「行き着いた」といい、「なぜ今まで気付かなかった?と反省しているくらい」なのだとか。

    「お子さんがよく目にしていて、デザインがキャッチー」という2つの点から、セブン銀行にコラボをお願いしたと言います。

    「銀行と幼児誌がタッグを組むことは異例のことで、最初にお願いした際は、先方も『幼稚園?ふろく?』と戸惑われていました」

    「ですが、過去の企業コラボふろくや、お札を出し入れするモーターユニットの試作品をご覧いただいたところ、『面白いですね。やりましょう!』とご快諾いただきました。銀行さんはおカタいと思っていましたが、イメージが変わりました」

    「幼稚園」ではこれまで、「くら寿司」や「ガシャポン」などのコラボも発売。7月号の「セブンティーンアイスじはんき×江崎グリコ」では、初の重版・完売になるほど話題を呼びました。

    出来上がったら、「親がいつも操作している謎のマシンを、気が済むまで触ってほしい」とも語ります。

    時事通信

    「ATMの役割、お金が大事なものだと知ってもらうことで、次に親がATMを操作している際に、おとなしくしてもらえるかなと」

    ただ、ドライバーが必要など、幼稚園児には少し複雑なような気も……?難易度が高いのは、「わざと」なのだとか。

    「親御さんが手伝わなければ作れないので、無理矢理にでも親子のコミュニケーションが生まれるだろう、と。そのコミュニケーションの時間を提供している意図もあります」

    ところで、実際にATMを作ってみると、お札に載っている顔が気になります。これは誰なのか、聞いてみると……

    Reona Hisamatsu / BuzzFeed

    「デザイナーの祖父江慎さんです。大御所です」

    今年の4月号の幼稚園から表紙デザインを手掛けている方なのだとか。

    「ぺぱぷんたす」という連載ページでは、紙の神様「ソビー」として登場していて、愛読者にはおなじみの存在なのだそう。

    幼稚園9月号は、もうすでに完売ペースだといいます。

    お値段は税込1080円。全国の書店で購入できます。

    大人のお子様も気になった方はぜひ、完売前にお手に取ってみてください。