• 311 Japan badge

あの日から10年。東日本大震災で被災したごく普通の家庭が、家を再建するまで。

実家が宮城県にある漫画家が、10ページにわたり描いた当時のこと。

Twitterに「10年経っても、20年経っても、たくさんの人に読んでもらえたら嬉しいです」と投稿された10枚の漫画があります。

それは、東日本大震災で被災した家族の経験をもとにニコ・ニコルソンさんが描いた、『ナガサレールイエタテール』というエッセイ漫画です。

リプライ欄では「え…これが第1話…すでに衝撃的…」「こういう事があったこと、頭に入れておくのって大事」など、10年前を振り返り、被災地に思いを馳せる人からのコメントが集まっています。

ストーリーは作者の地元を回想するシーンからはじまりますーー。

私の実家は宮城県の東南端にある山元町。

ニコ・ニコルソンさんのTwitterより / Via Twitter: @niconicholson

10年前に上京して、東京に住んでいた。

ニコ・ニコルソンさんのTwitterより / Via Twitter: @niconicholson

午後2時46分、巨大な地震が発生した。

ニコ・ニコルソンさんのTwitterより / Via Twitter: @niconicholson

一方そのころ、地元の母と祖母は……。

ニコ・ニコルソンさんのTwitterより / Via Twitter: @niconicholson

これはマズイと直感してから、地元の様子をメディアで見られないかと考えたけれども……。

ニコ・ニコルソンさんのTwitterより / Via Twitter: @niconicholson

Twitterで情報収集をしはじめたとき、山元町では津波が。

ニコ・ニコルソンさんのTwitterより / Via Twitter: @niconicholson

信じられないほど強い波に流された。

ニコ・ニコルソンさんのTwitterより / Via Twitter: @niconicholson

命からがら逃げて外を見てみると、知らない家が流されていた。

ニコ・ニコルソンさんのTwitterより / Via Twitter: @niconicholson

そして翌朝。被害は地震だけにとどまらないのだと知った。

ニコ・ニコルソンさんのTwitterより / Via Twitter: @niconicholson

漫画はごく普通の家庭の復興を描いたものだ。

ニコ・ニコルソンさんのTwitterより / Via Twitter: @niconicholson

続きは、書籍『ナガサレールイエタテール完全版』(太田出版)で読むことができます。