住所が書いてある封筒どう捨てるか問題、「漆黒のり」が解決してくれた!

    郵便物の捨て方に悩んでる人はぜひ。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    住所が書いてある封筒って、処理が地味にめんどくさい。

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    そのまま捨てるのは個人情報的にちょっと微妙だし、でもシュレッダーかけるほどでもないし、スタンプは結局見えちゃうし…という感じだったのですが……

    Amazonで見つけた「個人情報保護のり」がすごすぎました。

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    びっくりしたので紹介します。シュレッダーやスタンプも試しましたが、いろいろ総合するとこの「ケスペタ」がかなりおすすめです!

    のりってどういうこと……?て、思うじゃないですか。

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    手のひらサイズのこいつがすごく便利です。

    封筒の、消したい部分にぬってみます。

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    インクが本気で黒い。

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    情報をしっかり隠すためにはインクの黒さが大事ですが、これは半端ない…。墨汁より黒い…。

    のりなので、折りたたんで貼り付けます。

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    塗った封筒をこうやって折って…

    個人情報が二重に隠せる優れもの!

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    普通サイズのDMなら全然余裕です。

    ちなみに液体はドロっとした黒いペンキみたい。

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    よくある個人情報保護スタンプは、ポンポンと軽くインクを押していく感じですが、これはドロっとした質感で頼もしい…!

    油性マジックじゃだめなの?と思ったので比べてみました。

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    油性マーカーは目を凝らすとちょっと見えてしまって惜しい!のりは黒すぎて全然見えません…。すごい。

    2個セットでおてごろ価格。

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    2020年10月9日時点でのAmazonの価格は660円でした。1つあたり330円です。「個人情報保護スタンプ使ってるけど、結局見えちゃって不満…」という方にかなりおすすめです!

    便利さ ★★★★☆

    デザイン ★★★☆☆

    コスパ ★★★★☆

    郵便物の処理だとレターオープナーとカッターもおすすめです。

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    【1】レターオープナーで郵便物を開ける

    【2】開封済みの封筒はノリを使って住所と名前部分を隠して折って捨てる

    と決めて使っています。郵便物でめんどくささを感じてる人は、きっとQOL上がるはずです!

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。