ネットで買って、ベランダで育てる!おうちで始める家庭菜園が楽しい!

    Amazonで野菜の苗を買って、マンションのベランダで育てたら予想以上にハマりました!おうち時間の充実に家庭菜園がオススメです!

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    ステイホームのご時世、あまりに暇なので、家庭菜園はじめました!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    公園にも満足に行けない3歳児との毎日…さすがにネタが尽きてきたので、食育も兼ねて家庭菜園を始めてみました!これが思った以上に楽しいのでオススメです!

    野菜の苗に肥料入りの土、鉢まで全てネット通販で買えちゃいます。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    Amazonで野菜の苗まで買えるって知ってました?

    送料がかかる分、ホームセンターなどで買うよりは割高ではあるのですが、外出することなく家庭菜園がはじめられるのは嬉しい!

    トマトにキュウリ、ナスを育てます!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    今回購入した苗はサントリー本気野菜というブランドのミニトマト、キュウリ、ナスの3種類です。Amazonでは苗2個セットが基本です。

    野菜用の肥料が入った培養土や鉢も別に用意します。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    鉢の大きさは苗の種類にもよりますが、ミニトマトの場合は容量15L程度。

    鉢に土を入れて、苗を植えていきます。ポイントは根の部分をよくほぐしてから植えること!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    植え替え完了!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    左からキュウリ、ミニトマトです。最低限、苗、鉢、土があれば簡単にスタートできます!ショベルやジョウロなどはなくても、家にあるもので代用できました。

    2週間でここまで大きくなりました(笑)

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    適度に雨が降ったこともあって、グングン成長しました!植物の成長スピードがここまで早いなんて正直驚きました。

    ベランダ菜園のポイントは「日当たり」

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    サントリーの本気野菜、担当者の方にベランダで野菜を育てるコツについて聞きました!

    注意するのはどんなところでしょう?

    「野菜栽培で最も重要なのは日当たりです。特に『果実』を収穫する野菜には十分な日光が必要です。出来る限り日当たりの良い場所で育てて下さい。果菜類の場合、最低でも一日4時間以上の直射日光が当たることをお勧めします」

    ベランダの場合、手すりや壁などがあって直射日光の確保が難しい場合もあります。

    「その場合、日の当たりやすい場所にブロック等で上げ底をすると、栽培初期から葉や茎に太陽が当たりやすくなり、効果的です」

    子供の食育にもなるし、何より大人も楽しい!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    毎日の成長を見るのも楽しみだし、「食べられる」というゴールがあるのも嬉しい!落ち込みがちな毎日ですが、気分転換にもなります。手軽に始められる「ベランダ菜園」、オススメです!

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。