「必要なのは生きる力」パナソニックが今、あえて”手作り”にこだわるワケ

    パナソニックが全く新しいプロジェクト「D+IO(ドゥーイングアイオー)」をスタート。「小動物の管理ツール」などニッチなニーズに対応した製品レシピを「GitHub(ギットハブ)」で公開している

    家電メーカーのパナソニックが、全く新しい取り組みをスタートさせた。

    「空気換気アラート」「小動物の管理ツール」など、生活必需品ではないけれど、あったら便利な製品の「つくりかた」をインターネットで無料公開しているのだ。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    「大量生産するほどではないが、これがあったら便利!というニッチなニーズを集めて、手作りの工作製品として提案していく」という。

    およそ家電メーカーらしくない今回の取り組み、きっかけはコロナだった。

    同プロジェクトを発案し、運営も担当しているパナソニック イノベーション推進部門、デザイン本部の川島大地さんは、コロナによる世の中の変化を敏感に感じ取った。

    「コロナウイルスによる影響で、マスクが不足した時、マスクを手作りする人の多さに驚きました。手作りできない人には、作ってあげて、周囲の人に配ってあげるという人もいました。

    これからはモノを自分で作り出すという力が求められるのではないかと感じた」(川島さん)

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    自分のためだけではなく「身近で大切な誰か」を考えて動く「Doing It Ourselves」という想いから、このプロジェクトは「D+IO(ドゥーイングアイオー)」と名付けられた。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    やっていることはごくシンプルだ。

    ある製品を作るためのソースコード、部品リスト、その購入先、組み立て手順、使い方などをソースコード開発・共有サービス「GitHub(ギットハブ)」に公開し、ユーザーはそのレシピを見て、製品を作り上げる。

    「GitHubというのは、エンジニアには馴染みがある情報共有サイトで、通常はソフトウェアのソースコードなどを知るために利用する」という。エンジニアである川島さんも以前から利用していたという。

    現在は2つの製品レシピが公開されている。

    1つ目は室内のCO2濃度を計測し、一定の二酸化炭素濃度を超えると音と光でアラートを出し、換気を促す「CO2換気アラートデバイス」。コロナの影響もあり、室内換気を効果的に行いたいというニーズに応えた製品だ。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    2つ目は小動物の体重や活動量、飼育環境の温度や湿度などを計測して健康管理ができる「小動物ヘルスケアデバイス」。ハムスターや小鳥など小動物用のヘルスケア製品は少なく、市場に出回っていないという。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    どちらの製品も「誰かのためを思って作る」という点が共通している。D+IO(ドゥーイングアイオー)」では「自分以外の誰か」への想いを非常に重要視しているのだ。

    対象となるプロダクト選定には、3つの基準がある。

    ・誰かに使って欲しいと思いようなプロダクト

    ・誰かのためを思ってカスタマイズ、アップデートしたくなるプロダクト

    ・「ニッチな」ニーズにアプローチしているもの

    自分で作ることに意味がある

    実際の製品レシピはシンプルで簡素だ。制作に必要な部品は全て自分で購入しなければならないし、わからなくなった時のコールセンターなどもない。これは「自分で作る」ということに重きをおくからこそだという。

    「全ての部品が揃ったキットでは得られない体験をして欲しい。『自分で部品を買う』というところからが、ものづくりのスタートだと思っています。

    初めて電子工作を作る人にとっては、部品を買うことがハードルだったりします。各レシピには部品の購入先のリストを貼ってあるので、電子部品について何もわからなくても、買えるようになっています」

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    「初心者でも作れる」というのも大事なコンセプトの一つだ。パソコンに触ったことがあれば作れる程度の難度で、YouTubeには動画も用意した。

    小学生のSTEM教育にも役立つという。一方で知識がある人であればどんどん改良、アップデートできるような「遊び」も持たせている。

    「カスタマイズ、アップデートして自分なりの使い方ができる。それが自分でものを作ることの醍醐味でもあります。GitHubには、誰かがアップデートした情報を掲載する場所もあります。

    D+IO(ドゥーイングアイオー)を通してもの作りの楽しさを知ってほしい」

    ビジネスとして捉えていない

    川島さんは「今回のプロジェクトはビジネスとして捉えていない」と明言する。

    「D+IOのムーブメントが広がって、ユーザーから『今度はこういうものを作って欲しい』というアイディアが多く寄せられるようになって、それが次のプロジェクトの種になってくれれば嬉しい」