育児は家族みんなでするもの。「ファミリーバッグ」に込めたおむつメーカーの想いとは

    育児をするのは母親だけではないはずなのに、なぜ「マザーズバッグ」?おむつなどのベビー用品を製造・販売する大王製紙がキャンペーン用に製作したのは「ファミリーバッグ」でした。

    おむつメーカーが提案する「ファミリーバッグ」って?

    オムツなどのベビー用品を製造・販売する大王製紙は、昨年末展開したキャンペーンの賞品として「ファミリーバッグ」を提供しました。

    大王製紙

    小さい子供と外出するときに便利な機能をたくさん搭載したバッグで、おむつやおしりふきを入れる専用のポケットなども用意されています。

    市場では「マザーズバッグ」として売られていることが多いこのタイプのバッグ、大王製紙はなぜ「ファミリーバッグ」としたのでしょうか?話を聞きました。

    「子育てはママだけでなく、家族みんなでするもの」

    大王製紙は、世の中のママとパパの感じている悩みに向き合うことをテーマとした「おむつを買って家族を笑顔にできることなんだろう?キャンペーン」を昨年11月に展開しました。(現在は終了しています)

    「コロナ禍で育児環境がさらに不安定な中、私たちおむつメーカーにできることは何だろう?と考えたところからスタートしたキャンペーンでした。

    たくさんの育児課題がある中で、男性の育児参加は特に身近なテーマです。キャンペーンを通して、子育てはママだけでなく、家族みんなでするもの、というメッセージを伝えられればと考えました」( ベビーケア・ブランドマーケティング部 ベビーケアグループ 係長 黒田 敦士さん)

    その賞品のひとつとして用意されたのが「ファミリーバッグ」でした。

    「子育ては家族みんなでするものなのに、なぜ『マザーズバッグ』というママのみを対象にした子育てバッグが多いのだろう? という疑問から、ファミリーバッグの構想に至りました」(黒田さん)

    大王製紙

    「こども ビームス」や子育てインフルエンサーとコラボして使いやすさを追求

    大王製紙

    「ファミリーバッグ」は、アパレルブランドの「こども ビームス」とのコラボレーションにより実現。さらに、バッグの仕様は大王製紙のおむつブランド「グーン」のブランドアンバサダーを務めるタレントのDAIGOさんと、子育てインフルエンサーの木下ゆーきさんが監修し、細かいところまで使い勝手にこだわりました。

    「特にこだわったのが、中のポケットの数です。乳幼児との外出は持っていくものがたくさん。ミルクを入れるポケットなど細かく仕切りを作りました」(黒田さん)

    大王製紙

    自分自身の育児で気づいた大変さ

    実は、昨年末にご自身のお子さんが生まれたという黒田さん。実際、自分の子どもにオムツをつけてみたことで、今までにない気づきがあったそうです。

    「想像していた以上におむつ交換って難しいんだなと(笑)。最初の頃はやり方もわからず苦労しました。

    でも、おむつ交換をすることで、子どもの成長を感じられる場面も多くて。最初に使っていたおむつが割とすぐに小さくなってしまってびっくりしました」(黒田さん)

    「グーン」では、育児が不慣れな人でも簡単におむつ替えができるように替え方やコツなどを公開しているほか、おむつには赤ちゃんの肌に優しい低刺激で柔らかい素材を採用しています。

    コロナ禍で不安な子育てをどうサポートするか

    大王製紙

    「グーン」では「グーンのわ」というコミュニティサイトも運営しています。子育てに関するコラムのほか、みんなが感じている子育ての悩みに対し、会員同士で答えるコーナーも人気です。

    「社会的な環境の変化に悩まれている家庭が多い中、そういった悩みを解決できるような場になればと思っています」(黒田さん)