梅雨突入で頭皮も亜熱帯突入。地肌までちゃんと乾かせるドライヤーってなかなかない

    爆速で髪を乾かしたいならダイソンがおすすめ。高機能すぎてドライヤーそのものの使い方が変わった

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    デザインだけじゃない!ダイソンのドライヤーがすごいところ、3つ教えるね!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    2年前に発売されたダイソンのドライヤー

    従来のドライヤーとは全く違うカタチや機構で、発売当初から話題の製品です。

    今年はついにプロが使うサロン専用モデルを出すなど、勢いがすごい。

    かれこれ1年間、ダイソンのドライヤーを使ってきましたが本当に使いやすいんです。

    1. とにかく早く乾く

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    個人的にこれが一番大事。

    とにかく風がパワフルで地肌までズバっと届いて、ショートヘアーの私の場合、3分しっかり使えばほぼ完璧に乾かせます。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    髪を早く乾かすためには、風と熱が不可欠ですが、ダイソンのドライヤーはその辺りのバランスがすごくて、髪が傷みにくい温度にコントロールしています。

    一般的なドライヤーって、同じ場所に風を当て続けると、そこが熱くなってしまうのですが、ダイソンは1秒間に20回温度を計測して、温度が100℃以上にならないようにしています。

    つまり、同じところに風を当て続けても熱くならないんです。美容師の人がよくやっているみたく、ドライヤーを”振る”必要がありません。

    2. 疲れにくい!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    大きさが一般的なドライヤーに比べて小さめで、取り回しがしやすい!

    モーターを手元のハンドル部に配置しているので、持っている時のバランスもよし。

    3. アタッチメントが地味にすごい

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    これ意外と盲点だったんだけど、アタッチメントがめっちゃくちゃ使いやすい。

    手ぐしで髪を整えながら使う「スムージングノズル」、カールやパーマのかかった髪に便利な「ディフューザー」、ブラシを使ったブローの時は「スタイリングコンセントレーター」の3つが付属するのですが、本当すごいんです。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    特にオススメがディフューザーです。

    風を均一に分散させるので、ヘアセットが崩れません。

    例えばヘアーアイロンで髪を巻いて、ハードスプレーを全体的にします。

    その仕上げにディフューザーを使って風を当ててあげると、スプレーが固まって崩れにくくなります。

    プロの美容師(私の妹)も関心するレベルの出来の良さで、これを使うと仕上がりが一気にプロっぽくなります。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    内蔵のマグネットで簡単に装着できます。

    これからの季節は冷風が気持ちいい

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    ダイソンのドライヤーを使い始めてから、これまで触ろうともしなかった「冷風」機能もよく使うようになりました。

    パワフルな風が地肌までストレートに届くので、単純に気持ちいいです。

    真夏の洗面所とかサウナ状態なので、熱風で髪を乾かすのは正直無理…。これからの季節は、冷風機能をうまく使って地肌も快適に過ごしたいですね。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。