今やるべきは、エアコンの「試運転」!真夏に動かなくなったら、色々ヤバい事態が想定されます

    今年の夏は猛暑予想。ピーク時は修理にも時間がかかります!

    今年も夏がやってきます!

    気象庁が発表した「夏の天候の見通し」によると、今年の夏の平均気温は全国的に高い傾向にあるそう。

    つまり暑いです。東・西日本では平年に比べ晴れの日が多いという予報も出ています。

    この夏もエアコンが必須ですね。

    ダイキン

    最高気温が35℃以上の猛暑日なんてなっちゃった日には、エアコン使わないと倒れます。

    本当気をつけるべき。

    今やるべきはエアコンの試運転です。

    ダイキン

    大手空調メーカーのダイキン工業によると、エアコンの点検・修理は夏本番に増加するそうですが、その時期は問い合わせ件数が多く、点検・修理までに時間がかかってしまうそうです。

    7月は5月の4倍もの問い合わせがくるといいます。

    試運転していない人が7割

    ダイキン

    「夏本番前に行なう試運転」をすることで、問い合わせの集中を防ぐことができるといいますが、実際は約7割の人が試運転をしたことがないという現状が明らかになりました。

    試運転ってどうやるの?

    1.冷房の最低温度に設定(機種によって異なるが16〜18℃)して運転して異臭や異音がないかチェック。

    2.室外機も確認。室内機からの水漏れがないか、30分以上運転させます。

    ダイキン

    室外機もチェックするべきなんです!

    修理や点検を頼んだことがある人は73.3%も。

    ダイキン

    試運転を知らない人が多い一方で、エアコンの修理や点検を依頼した経験がある人は73.3%にも及ぶそう。

    夏を快適に過ごすためにも試運転をしましょう。