たっぷり一日中あったかいコーヒーを飲みたいならサーモスのステンレスポットが正解!

    サーモスのステンレスポットがドリッパーにぴったりハマるサイズだって知ってました?朝淹れたコーヒーが夕方まであったかいの結構幸せです。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    サーモスのステンレスポットがコーヒードリッパーとぴったりサイズだって知ってました?

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    毎朝ハンドドリップでコーヒーを淹れる我が家にとってはちょっとした事件でした…!

    だって朝淹れたコーヒーが夕方まであったかいんです!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    コーヒー好きなら知ってますよね、冷めたコーヒーがどんなにマズイか…。そしてそれ以上に煮詰まったコーヒーがどれほど美味しくないか…。

    だから、たっぷり一日中あったかいコーヒーを飲みたいならサーモスのステンレスポットが正解なんです!

    大きさは1L、1.5L、2Lの3種類。温かいのも、冷たいのもキープできます。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    保温効力は66度以上・約10時間 、保冷効力は11度以下・10時間と頼れる存在。

    本体カラーは今回使っているブロンズのほか、ステンレスブラック、ダークブラウンの3色展開です。

    注ぐ時は、取手側にあるワンタッチレバーを押します。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    万が一、本体が倒れても中の液体がこぼれにくい構造になっています。

    サーモスのステンレスポットって昔からあるけど、最近のモデルの進化ポイントはここ!注ぎ口と蓋が一体になってます。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    従来モデルは、注ぎ口が本体と一体になっていて、蓋だけ取れる構造でした。

    細かく分解できるから隅々までしっかり洗える!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    特にコーヒーって香りが残りやすいので、しっかり洗えるのは嬉しい!

    個人的に気に入ってるのは、手を入れて中までしっかり洗えるところ!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    底まで手を入れてしっかり洗えるのが嬉しい。あ、でも手がかなり大きい人はちょっと厳しいかもしれません…!

    唯一の難点は蓋の組み立てがやや複雑なこと。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    洗った後、元に戻すのがなかなか大変。説明書を取り出して確認というのを2回くらい繰り返しました。

    いやーあったかいコーヒーがいつでも飲めるのって幸せ…!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    コーヒー好きの皆さんはもちろん、リモートワークで自宅にいる時間が増えた人におすすめ。紅茶やほうじ茶など好みのお茶を朝まとめて淹れておけば、その都度淹れる手間がなくなります!

    Amazonでの価格は3182円から。本体カラーや容量によって価格は異なります。

    保温力 ★★★★☆

    使いやすさ ★★★★☆

    コスパ ★★★☆☆

    飲み物を外に持ち歩くならこんなおしゃれなステンレスボトルはいかがでしょう

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    海外で人気のステンレスボトルブランド「Hydro Flask(ハイドロフラスク」とニューヨーク発のライフスタイルブランド「UKAI Brooklyn(ウカイブルックリン)」のコラボ製品です。

    本体の質感や使いやすさにとことんこだわったステンレスボトルで、飲み口の口当たりがちょっと感動するくらい滑らかなんです。

    Amazonでの価格は4400円。一般的なステンレスボトルよりはちょっと高いけど、デザインと機能を考えたら納得感あります。

    デザイン ★★★★★

    高級感 ★★★★☆

    保冷機能 ★★★★★

    コスパ ★★★★☆

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。