Posted on 2017年7月21日

    中トロにうなぎ、ウニもカニも 好きな缶詰を集めたら満足度がすごい

    缶詰、進化しすぎ

    by ,

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    缶詰って素晴らしいですよね。

    narumi / BuzzFeed

    ふたを開けるだけでごちそうの出来上がり。なかには居酒屋レベルを余裕で超える、すごい缶詰もあるのです。そんな珠玉の缶詰を持ち寄って平日14時くらいから編集部で食べて飲んでみましたよ。

    ※この記事から商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元される場合があります。

    1.中とろのシーチキンがやばい。

    narumi / BuzzFeed

    これはいわゆるツナ缶ですが、まぐろの中とろで作られたすごいツナ缶です。中とろを缶詰にするといったいどうなるんでしょうか。

    narumi / BuzzFeed

    見るからに肉厚。普通のシーチキンのようなフレーク状ではなく、大きな切身がごろっと入っています。これは絶対に美味そうだ…。

    narumi / BuzzFeed

    薄く切り込みが入っていて、1枚ずつ食べやすいようになっています。お刺身サイズの中とろをいただくと、まず歯ごたえがすごい。肉厚で締まった身なのにとろけるようで、まぐろの旨味が口の中に広がります。

    narumi / BuzzFeed

    これはもうビール飲むしかない。お酒がものすごい勢いで進みます。中とろのシーチキン1切れでビール1缶いけちゃうレベルです。

    narumi / BuzzFeed

    パンに乗せてもおいしい。中とろの脂がパンにも染み出して最高のおつまみになる。この缶詰とバゲットがあればもう何もいらない。朝ごはんから晩酌のお供まで全部これでいいって気分になります。

    中とろのシーチキン、まじでやばいです。

    2.うなぎ蒲焼きの缶詰、クオリティが半端ない。

    narumi / BuzzFeed

    うなぎは美味しい。でも国産うなぎはとても高い。うな重が3000円とか4000円するのでなかなか食べられないですが、この「うなぎ蒲焼き」の缶詰があればもう大丈夫。これもう完全にうなぎです。

    narumi / BuzzFeed

    缶を開けると大きな蒲焼きが4本入っていました。身は分厚いのにふっくらしていて、焼き目とタレが香ばしくてめちゃくちゃ美味しいです。

    narumi / BuzzFeed

    缶詰なのにこんなに柔らかくてふわふわなうなぎが食べられるなんて…。あつあつのご飯を用意して、この缶詰を乗せたらかなり満足度の高いうな丼になりそう。

    3.ハバネロソース味のコンビーフはおつまみ力高い

    narumi / BuzzFeed

    普通のコンビーフは食べたことあるけど、ハバネロソース味は初めて。ふたを開けるとお肉のなかにスパイスが練り込まれているのがわかります。食べてみるとピリ辛の風味が美味しい! これはビールにぴったり。

    narumi / BuzzFeed

    パンに乗せて食べるとちょうどいい。白いご飯にもあいそうです。普通のコンビーフじゃ物足りないという人はハバネロソース味を試してみてはいかがでしょうか。

    4.ごろごろとした牡蠣の燻製がオイル漬けに

    narumi / BuzzFeed

    天の橋立シリーズの缶詰はどれも美味しい。この牡蠣の缶詰は燻製にしたものをオイル漬けにしてあって、それはもう濃厚で…。

    narumi / BuzzFeed

    こんなにぎっしりと詰まっています。形のそろったぷりぷりの牡蠣が燻製されて、あたりに漂う香りがもはや暴力的です。

    narumi / BuzzFeed

    これはすごいです。燻製の香りがめちゃくちゃ香ばしいし、とろりと濃厚でいくらでも食べられる。これ1粒でお茶碗一杯いけるくらい、濃い。牡蠣好きには堪らないはず。

    narumi / BuzzFeed

    オイルをたっぷりとつけてパンに乗せましょう。一口かじると牡蠣の旨味を、オイルが浸透したパンがきっちりと受け止めてくれます。缶に残ったオイルにつけてパンを食べるともう止まらない。ビールも止まらない。

    5.オイルサーディンも天の橋立がすごい

    narumi / BuzzFeed

    さきほど牡蠣の燻製がやばかった天の橋立シリーズですが、どちらかというと看板はこっちのオイルサーディンかもしれません。これがやっぱり美味しいのです。

    narumi / BuzzFeed

    たくさんのイワシが尻尾をからませるように交互に配置されているのがなんとも美しい。1匹ずつお箸で取り出していただくと、イワシの引き締まった身の旨味と苦味、そしてオイルの香りが一体となって最高。

    いくらでもビールが飲めるし、ワインもほしくなる。

    narumi / BuzzFeed

    こういうオイル系はパンとの相性も抜群。オイルにしっかり絡ませてパンに乗せましょう。オイルがパンに染み込んだのを見届けてから一気にいただくともうなんとも言えない味わいです。

    6.「ズワイガニ」は缶詰の最高峰かもしれない

    narumi / BuzzFeed

    ゴールドに輝く缶がひときわ目立つズワイガニ。ふたを開けてもなお白い紙カバーに包まれているところが高級感を漂わせます。

    narumi / BuzzFeed

    紙をかきわけて覗き込むと、これでもかとぎっしりとずわいかにの脚が詰め込まれています。缶とはいえ、隙間なく入っていて量はたっぷりです。

    narumi / BuzzFeed

    本当にふつうに高級なカニの味がします。この缶詰があればもう高いお店に行ってカニを食べる必要はないのではと思います。ふたを開けてつまむだけでめちゃくちゃ美味いカニが食べられるなんて…。

    7.うにのジュレまで缶詰になってしまう

    narumi / BuzzFeed

    うにのコンソメジュレ」。もはや食べたことのないものが缶詰になってるんですが、いったいどんなものなんでしょうか。

    narumi / BuzzFeed

    うにがどっさり!ぷるぷるのコンソメジュレに包まれていて、スプーンですくっていただくと、磯の香りとうにの甘さが口の中に広がります。ジュレにほどよく味がついていて、このままお酒のおつまみにもなりますし、ご飯にぶっかけても美味いはず。

    narumi / BuzzFeed

    さっきのずわいかにと一緒にパンに乗せてみました。缶詰だけど、これは贅沢だ…。

    8.麻婆豆腐まで缶詰に!

    narumi / BuzzFeed

    麻婆豆腐が大好物なんですが、缶詰になっているとは知りませんでした。そろそろ締めにご飯モノ行きたいと思います。

    narumi / BuzzFeed

    ふたを開けて熱々ごはんにかけるだけで麻婆豆腐丼になりました。ぴりっと辛くてご飯にぴったり。麻婆豆腐って作るのは面倒だけど突然食べたくなるものです。この缶は絶対に常備しておこうと決めました。麺類との相性もきっと良いはず。

    9.めちゃくちゃ流行ったサバカレー缶、知ってます?

    narumi / BuzzFeed

    締めといえばカレー。これは1996年に放送されたドラマ「コーチ」の劇中に登場し、その後実際に商品化されて大ヒットした缶詰。ドラマを見ていたので懐かしい。

    ちなみに玉置浩二主演で、主題歌は「田園」でした。もう相当むかしです。

    narumi / BuzzFeed

    で、カレーに鯖ってどうなの?と思うところですが、これがけっこう合うんです。鯖の臭みをカレーが打ち消しているのか、魚の生臭さを感じることなく、普通にカレーとして美味しい。

    narumi / BuzzFeed

    盛り付けると缶詰の外観から考えると意外なほどカレーの量がたっぷりでした。鯖や人参、じゃがいももごろごろと入っており、しっかり1人前のカレーとしていただけます。レンジでチンするとより美味しいです。

    初めて食べる組み合わせでしたが、サバカレー全然ありです!

    ここまで食べてきた缶詰はこちら

    # まぐろ中とろ

    # うなぎ蒲焼き

    # コンビーフ ハバネロソース味

    # 天の橋立 かき

    # 天の橋立 オイルサーディン

    # 本ずわいかに 脚肉詰

    # うにのコンソメジュレ

    # 麻婆豆腐

    # サバカレー

    まぐろ中とろ、うなぎ蒲焼き、オイルサーディンあたりは特に美味しかった。好きな缶詰を持ち寄って飲むと、実はそのへんの居酒屋行くより満足度高いですね。

    他にも美味しい缶詰がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください🙌

    Yahoo! ショッピング / Via bzfd.it

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。