Posted on 2016年7月21日

    そろそろ #ポケモンGO に飽きてしまった理由を挙げていこうか

    個人的な話をする

    ニューヨーク来てまでポケモンGOをプレイしていたが、だんだんとアプリを立ち上げなくなった。もちろん、いくつか理由がある。順番に挙げていこう。

    1. ローディングがやたら長い

    Niantic / BuzzFeed
    Niantic / BuzzFeed

    アプリをタップすると左の画面に続いて右の画面が表示される。このローディングがけっこう長い。ここでフリーズすることもしばしば。そうすると次からアプリを立ち上げるのが億劫になる。

    2. そしていざ始めたらバッテリーを消耗する

    Anadolu Agency / Getty Images

    少なくともこれくらいの装備は必要。砂漠を横断するくらいの気持ちで。

    3. 他のアプリを使うとポケモンが一旦終了しちゃう?

    narumi / BuzzFeed

    ポケモンGOで遊んでるときにLINEとかSlackとかFacebookとかいろいろ通知がくる。そっちを開くと、再びポケモンGOに戻ったときに最初のローディング画面から始まってしまう。

    4. 公園にいるとポケモンをやってると思われそうで嫌だ

    narumi / BuzzFeed

    自意識過剰かもしれませんが、もはやゲーマーしかいないセントラルパークでスマホを取り出すのは少々気恥ずかしい。

    5. あの場所に行ったらポケモンがいるぞ!(実際、行かないよね)

    Niantic / BuzzFeed
    Niantic / BuzzFeed

    じゃあ行こうかってなるかといえば、行かない。そしていつしかポケモンがいてもモンスターボールすら投げなくなる。

    6. だって外を歩いてるとめちゃくちゃ暑いし(たぶん冬は寒い)

    David Mcnew / Getty Images

    このクソ暑いなか、ポケモンを集めに行くのは辛い。だってただのデータじゃないか!

    7. こんなの集めて俺なにやってんだろ…?ってなる

    narumi / BuzzFeed

    もうすぐ36歳になるんだよ?

    8. 暇を持て余してるポケモンユーザーには勝てない

    Toshifumi Kitamura / AFP / Getty Images

    やっぱり時間がある人が有利だ。

    9. ストーリー性がないからただのポケモン収集作業になる

    Ulrich Baumgarten / Getty Images

    好奇心の糸がぷつんと切れる瞬間がある。

    10. 涼しいカフェにでも入ってKindleで本を読んでたほうが楽しい

    narumi / BuzzFeed

    という人もいるでしょう。本だって空想の旅をさせてくれる。

    でもこれはファンには堪らないゲームだ!

    Mark Hirsch / WireImage

    好きな人は大好き! ゲームってそういうもの。

    UPDATE

    初出時「もうすぐ35歳になるんだよ?」と記載していましたが、筆者はすでに35歳でした。当該箇所を「もうすぐ36歳になるんだよ?」に修正しました。

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form