宇多田ヒカルが導いた“ラジオの未来” ラジコ、ついに過去の番組も聴取可能に

    放送から1週間

    10月11日、ラジコに「タイムフリー聴取機能」が追加され、ラジオ番組の好きな部分をいつでも聴けるようになる。

    radiko / Via radiko.jp

    「番組放送後、1週間」という制限はあるが、ついにラジオ番組をいつでも遡って再生できるようになる。

    これはラジオ番組が聴けるアプリ「ラジコ」に加わる新機能だ。

    なお、番組ごとに3時間の「聴取可能時間」が設定されている。この聴取可能時間とは、ある1つの番組を再生した瞬間から、3時間までの間、聴取できるということ。

    例えば、12時に再生ボタンを押したとすると、その番組は15時まで聴ける。少々複雑な仕組みだが、ラジコとしては「この範囲内にて各方面の権利者にご理解とご協力とご支援を頂戴している」とのことだ。

    さらに、気に入った箇所を指定して友人などにシェアできる「シェアラジオ」という機能も。

    シェアラジオ / Via shareradio.jp

    「この部分、おもしろいから聴いてみて!」がようやく実現する。受け取ったURLをクリックするとラジコが立ち上がり、指定された時点から再生される。

    このシェアラジオという視聴スタイルの普及のため、特別番組「サントリー天然水presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー」が全国のラジオ局で放送される。

    宇多田本人が選曲や構成、タイトルコール、ジングルからBGM制作、プロデュースまで担当し、1時間すべて自身のアルバムを特集する。

    放送日は10月11日~10月17日の期間で、番組自体は約1時間。この特別番組を多くのリスナーにシェアしてもらおうという取り組みだ。

    「タイムフリー」も「シェアラジオ」も、きっかけは宇多田ヒカル?

    2014年3月。宇多田ヒカルが最後にラジオ出演したレギュラー番組「KUMA POWER HOUR」の最終回は、こんなコメントで締めくくられた。

    「今後、ラジオが例えば、番組が放送されたあと一定期間ストリーミングでネットで聴けるとか」

    「そういうポジティブな変化が今後どんどん進んでいくといいなと思っています。ラジオと現代の生活スタイルとか、他のメディアをこう全部繋げるような変化があるといいな」

    今回の特別番組とタイムフリー、シェアラジオは、宇多田の発言に対するラジオ業界のアンサーでもある。