back to top

わざわざニューヨークまで行って #ポケモンGO をやり込んだ男

セントラルパークがやばい。

日本でなかなか提供されないPokemon GOをプレイするために

時事通信

はるばるニューヨークまでやってきました。

クッソ暑い。
narumi / BuzzFeed

クッソ暑い。

Pokemon GOはスマホを使って、現実世界と連動して現れるポケモンを捕獲したり、アイテムを獲得するARアプリ。たとえばブルックリン橋を渡っていると…

narumi / BuzzFeed

ゲームの中も現在地を反映してブルックリン橋となり、そこに突然ポケモンが現れる。これはハマる!

Niantic / BuzzFeed

またブルックリン橋のような公共の建築物や史跡はアイテムがもらえる場所にもなっている。名所を散策するほどモンスターボールがもらえる。これは無駄に歩いちゃう!

Niantic / BuzzFeed

さっそくセットアップからやってみよう。アプリを立ち上げ、新規ユーザー登録。主人公の名前や見た目を決める。

Niantic / BuzzFeed

そうするとおじさんがなんか言ってきた。

Niantic / BuzzFeed

こっちはスタバでコーヒーを飲んでいるのにいきなり何を言い出すんだと思ったら、店の窓の外にまじで現れたよ!ヒトカゲだ。

Niantic / BuzzFeed

とりあえずポケモンボールを投げつけて捕獲!

Niantic / BuzzFeed

マンハッタンは東京以上に蒸し暑い!このまま涼しい店内でCold Brewを飲んでいたいところだが、ポケモン探しの旅に出かける。

narumi / BuzzFeed

しかしこのゲーム、どう考えても「歩きスマホ」してしまう。今後さまざまな問題が出てくるのは想像に難くないが、こんなアイテムを使ってみたらどうだろう。

スマホの映像をメガネ越しに見られるようにする「Vufine」という製品。
narumi / BuzzFeed

スマホの映像をメガネ越しに見られるようにする「Vufine」という製品。

こうしてメガネに付けられるウェアラブルディスプレイだ。

有線接続というある意味で割りきった製品で、ウェアラブルタイプのディスプレイにしては2万5000円前後と安価な部類だ。NY遠征にあたってメーカーから借りてみた。
narumi / BuzzFeed

有線接続というある意味で割りきった製品で、ウェアラブルタイプのディスプレイにしては2万5000円前後と安価な部類だ。NY遠征にあたってメーカーから借りてみた。

ポケモンをやっている人は目立つ。みんな一様にスマホに目を落としながら街をうろつき、立ち止まったと思ったら、すっと指をスライドさせてポケモンボールを投げつけるのだ。だが、これならそうは見えないだろう。

narumi / BuzzFeed

右目にはこんな光景が見えている。やばい。実際の街の様子にポケモンやアイテムがリンクする。

narumi / BuzzFeed

ここは世界一美しいと言われるNY五番街のApple Store。目指すは斜向かいにあるセントラルパークだ。公園内にはさまざまな史跡があるため、画面の中もひときわ賑やかだ。

narumi / BuzzFeed

※Pokemon GOをプレイ中です。

narumi / BuzzFeed

「ポケモン、いました」

narumi / BuzzFeed

ニョロモです。ゲットする前にタクシーにひかれそうだ。とりあえずボールを投げつけて捕獲する。

narumi / BuzzFeed

そんなこんなでセントラルパークに入った。ここはアイテムの宝庫だ。

narumi / BuzzFeed

こんなトンネルの一つひとつがアイテム置き場となっている。どんどんゲーム内のレベルが上がっていく。

narumi / BuzzFeed

もはやポケモンが向こうからやってくる。入れ食い状態だ。

narumi / BuzzFeed

はっきり言ってセントラルパークの中はやばい。

narumi / BuzzFeed

みんなPokemon GOをやっている。あっ、いま手前の白いTシャツの人がモンスターボールを投げつけた。

narumi / BuzzFeed

歩きスマホ天国だ。歩きまわったり、立ち止まったり、仲間と来ている人は嬉しそうに画面を見せ合って、自分のポケモンを披露している。

narumi / BuzzFeed

一方、日本から来たぼっち男は異様なガジェットをつけて公園を徘徊中。

narumi / BuzzFeed

たまに「それは何が見えているんだい?」と声をかけられる。これを見せると、「ちょwwww まじでAwesomeだなおいwww」と褒められる。

narumi / BuzzFeed

40℃近いと思われる高温のなか、1時間ほど公園を歩いたら、レベル5にまで到達した。

Niantic / BuzzFeed

すっかり疲れたのでUberを呼んで、グランドセントラル駅に移動。

narumi / BuzzFeed

この派手な塔のような物体は「ジム」と呼ばれる。レベル5以上になると、ここで他のプレイヤーとバトルができるのだ。ようやくポケモンらしくなってきた。

Niantic / BuzzFeed

あれ? でも待って。相手(ブーバー)強すぎない? こっちの手持ちとはCPの桁が違うよ。

Niantic / BuzzFeed

一瞬でやられる我がタマタマ。

Niantic / BuzzFeed

まだまだ努力が必要なようだ。地道にモンスターボールを投げ続けるしかないのか。

Niantic / BuzzFeed

もういっそのこと、潤沢な資金力でとことん課金するか……。

narumi / BuzzFeed