ついに開幕、記者が予想する「波乱のパ・リーグ」

    ソフトバンクの優位は揺るがず。

    野球好きの記者が今年のパ・リーグ順位を予想しました。

    時事通信

    それぞれ思い入れのある球団があるので多少偏っています。

    人間だもの。

    ソフトバンクに死角なし(広島ファン・貫洞記者)

    1)ソフトバンクホークス

    2)楽天ゴールデンイーグルス

    3)西武ライオンズ

    4)日本ハムファイターズ

    5)オリックスバファローズ

    6)ロッテマリーンズ

    選手層、育成力、資金力いずれも抜きん出たソフトバンクが勝てない理由を探す方が難しい。

    楽天は則本、岸、美馬の投手三本柱ができている。藤平や辛島などが安定すればさらに優位に。西武は雄星が安定し、高橋光成なども一皮むければ伸びてくる。

    日本ハムは大谷、増井が抜けた補強がない。育成に自信があるのだろうが、この段階では変わりがまだ見えていない。

    オリックスはここ何年も、選手はそれなりにいるのに勝てない。その理由は戦力以外のところにあるような気がしてならない。ロッテは投打にもう少しコマがほしい。

    上位3チームのCSは堅い(横浜ファン・伊藤記者)

    1)ソフトバンクホークス

    2)西武ライオンズ

    3)楽天ゴールデンイーグルス

    4)日本ハムファイターズ

    5)ロッテマリーンズ

    6)オリックスバファローズ

    戦力充実のソフトバンクが筆頭は揺るがない。去年通り、追うのは打力の西武か、投手力の楽天か。

    西武は野上が抜けた先発陣が踏ん張れるかと、昨年ブレイクした山川が好調を維持できるか、そして捕手・森友哉が実現するかが見もの。

    楽天は昨季からの上積みが目立たないが、ウィーラー、ペゲーロ、アマダーの20発トリオが健在ならば勝負になる。

    上位3チームと下位3チームは戦力に開きがあり、ソ、西、楽のクライマックスシリーズ出場は揺るがないと考える。

    大穴は日ハムだ(ソフバンファン・徳重記者)

    1)ソフトバンクホークス

    2)日本ハムファイターズ

    3)オリックスバファローズ

    4)西武ライオンズ

    5)楽天ゴールデンイーグルス

    6)ロッテマリーンズ

    ホークスは選手層、特に投手層の厚さで揺るがない。唯一の懸念は工藤監督の采配くらい。

    戦力的にはオリックスがソフトバンクに次ぐが、この球団は蓋を開けてみないとわからない球団なので3位。西武は打線は12球団一だが、野上、牧田、シューリッター抜けた穴が大きく、雄星がマー君並みに活躍しない限り厳しいと予想する。

    そんな中、過去10年2年連続でBクラスになっていない日本ハムを2位に推したい。大谷の抜けた穴は大きいが、ダルが抜けた翌年も優勝。

    増田などFA選手は引き止めなかったが、「どういう基準で選手を判別しているのか知りたい」とデータスタジアムの人間も不思議がる、謎の法則が今季も発動。思わぬ選手が活躍し上位争いすると見る。

    「楽天はいいぞ」と友だちが言ってた(巨人ファン・播磨谷記者)

    1)ソフトバンクホークス

    2)楽天ゴールデンイーグルス

    3)日本ハムファイターズ

    4)西武ライオンズ

    5)オリックスバファローズ

    6)ロッテマリーンズ

    ソフトバンクの優勝予想は迷わず決まりました。今年もソフトバンクかと思います。

    楽天は藤田一也が調子いいとファンの友人から聞き、実際開幕から調子いいのと、東北出身として期待も込めて2位。

    日ハムは3位にしたけど、開幕戦を観ていたらヤバそうだ。

    意外性の日ハムに期待(中日ファン・小関)

    1)日本ハムファイターズ

    2)ソフトバンクホークス

    3)西武ライオンズ

    4)楽天ゴールデンイーグルス

    5)ロッテマリーンズ

    6)オリックスバファローズ

    大谷がいなくなった年に清宮を引き当てた日本ハム。高校生野手の逸材一人で優勝できるほどペナントレースは甘くないけど、栗山監督なら磐石のソフトバンクに対抗する意外性を生み出せるのではと期待してしまう。

    注目したいのは打線が魅力の西武。森の捕手起用をはじめに、多少打たれても打って勝つ痛快な野球をもっと見たい。