back to top

ミッドタウン日比谷って酒飲みにはたまらない空間じゃない?

地下の角打ちと3階の飲みスペースがすごい。

このあいだ東京ミッドタウン日比谷に行ってきたんですが。

Instagram: @hmt

ここ、天国じゃないですか?

日比谷線や有楽町線直結の天国。

まず地下にある「住吉酒販」という酒屋さん。

narumi / BuzzFeed

ここはいわゆる“角打ち”に近い形態のお店で、売ってるお酒がその場で飲める。

秘伝レシピのレモンサワーとか、住吉IPAとか、魅力的な文字が並びます。
narumi / BuzzFeed

秘伝レシピのレモンサワーとか、住吉IPAとか、魅力的な文字が並びます。

さっそく入って、レモンサワーと住吉IPAをいただく。

このレモンサワーがむちゃくちゃ美味い。
narumi / BuzzFeed

このレモンサワーがむちゃくちゃ美味い。

日本酒の米麹を使用したレモンのお酒を使っているそうだ。

レモンのスッキリした酸味に豊かな甘さのお酒が合わさって、初めて飲むような不思議な味わいのレモンサワーに仕上がっている。

これを飲むために通いたいくらい美味しい。あっという間に飲み終わってしまう。

narumi / BuzzFeed

もちろん住吉IPAも文句なしに美味い。

うすはりのグラスで出てくるところが非常に好みだ。

Instagram: @yu9ki

このお店はお酒や食べ物の値段を、花札1枚、花札2枚とか計算するルール。

花札は1枚400円換算なので、花札2枚のお酒は800円ということ。

お金じゃなくて花札で数えると延々と飲んでしまいそうになる。

ビールとレモンサワーで喉をシュワシュワと潤したら、3階に上がろう。

こんなスペースがある。

広い場所にたくさんのお座敷が設けられていて、長いカウンターの席も。
narumi / BuzzFeed

広い場所にたくさんのお座敷が設けられていて、長いカウンターの席も。

ここは居酒屋風のメニューに、ハイボールという庶民的な雰囲気のお店。

おしゃれなのにどこか昭和っぽい雰囲気のインテリアで、レトロな昔ながらの居酒屋さんという感じ。

せっかくなのでお座敷に座って飲みたい。
narumi / BuzzFeed

せっかくなのでお座敷に座って飲みたい。

で、見回してみると、隅のほうにこんなお店が出ていた。

「NATURAL WINE STAND HAYASAKA」とある。
narumi / BuzzFeed

「NATURAL WINE STAND HAYASAKA」とある。

自然派ワインの専門店のようだ。

このお店の素晴らしいところは店主がセレクトした自然派ワインを、50cc/500円、100cc/1000円で飲めるところ。
narumi / BuzzFeed

このお店の素晴らしいところは店主がセレクトした自然派ワインを、50cc/500円、100cc/1000円で飲めるところ。

個性豊かなヴァン・ナチュールだからこそ、たくさんの種類を飲んでみたい。

そんな酒飲みの気分にぴったりなワインスタンドである。

品揃えも間違いない。
narumi / BuzzFeed

品揃えも間違いない。

大好きなアレクサンドル バンが置いてあった。

常時6本ほど用意してあって、好みを伝えると近いものを出してくれる。

白3本、赤3本。それぞれの特徴を説明してもらいながら、ひとつを選ぶ。これで100cc。
narumi / BuzzFeed

白3本、赤3本。それぞれの特徴を説明してもらいながら、ひとつを選ぶ。これで100cc。

選んだワインはさっきのお座敷の席で飲める。

さっそく2杯目。これが50ccなので、量としては十分。
narumi / BuzzFeed

さっそく2杯目。これが50ccなので、量としては十分。

さっぱりしたものから癖があるものまで、いろんなワインが楽しめるので、ついつい飲んでしまう。

こういうちょっと濁った赤ワインは大好きだ。

narumi / BuzzFeed

食事もたくさん揃っている。これは鴨肉をわさびでいただくやつ。

めちゃくちゃ美味しい。
narumi / BuzzFeed

めちゃくちゃ美味しい。

結局、全種類のワインを飲んでしまった。

鰹とアボカドを和えたやつがワインにぴったり。
narumi / BuzzFeed

鰹とアボカドを和えたやつがワインにぴったり。

駅直結でこんなに美味しいビールとレモンサワーとワインと料理が楽しめるなんて……。ミッドタウン日比谷ってすごくないですか。

仕事後にふらっと行っちゃいましょう。

🍉_🏕️_🌴_🍧_🌊_🍉_🏕️_🌴_🍧

なにが「遊び」なのかは、人それぞれ。ゲームをしたり、写真を撮ったり、どこかへ出かけたり。つまらないと感じることでも、ある人の視点を通すと、楽しくなって、それが「遊び」に変化することもある。「遊び」には、限界がないのです。BuzzFeed Japanは、人それぞれの「遊び」を紹介し、平成最後の夏を思いきり楽しむ!