コンビニつけ麺戦争の行方はーー。セブン、ファミマ、ローソンどこが一番おいしい? 食べ比べてみた

    本当に甲乙つけがたいが……。

    もはや専門店の味と比べても遜色ない「コンビニつけ麺」

    narumi / BuzzFeed

    セブン−イレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニチェーン3社とも240円〜278円という低価格で、しっかりした太麺と濃厚タレ、チャーシューまで揃った本格つけ麺を提供しています。しかもレンジでチンするだけの簡単調理。

    低価格、簡単調理、味も美味しいとなれば、もはやラーメン屋に行く意義をまったく感じません。

    そこで今回はセブン「濃厚ガラスープのうま味が広がる具付きつけ麺」、ファミマ「炙り焼き豚の極太つけ麺」、ローソン「豚骨と魚介の濃厚な味わいつけ麺」の3商品を徹底比較してみたいと思います。

    まずはセブン−イレブンのつけ麺(240円)から

    narumi / BuzzFeed

    準備は本当に簡単。麺をレンジで5〜6分チンする間、冷凍されているスープを温めて解凍し、その後お湯で溶くだけ。

    10分もあれば目の前につけ麺があらわれます。お湯を沸かす必要がないため、オフィスでも気軽に食べられますよ。この調理方法は各社とも同じ。

    まあ食べてみましょう。

    narumi / BuzzFeed

    見てわかるようにかなりの太麺。チャーシューは1枚ペラっと乗っており、メンマもそこそこ入っています。スープはとても濃厚な様子で、魚介の香りが漂ってきます。

    さて、感想は?

    narumi / BuzzFeed

    「これは美味しい。もう普通にお店のつけ麺と変わらない」
    「麺は本格的。スープはもう少し辛さがあってもいいかも」
    「240円という値段を考えるとすごい完成度。つけ麺屋さんが心配です」

    試食した同僚は皆、想像以上に麺にコシがあることに驚いていました。角がある太麺をガシガシとした歯ごたえで食べられるため、男性にはぴったりはまりそう。麺の満足度が高かったです。

    スープに関しては魚介の風味は良いという意見と、もう少しスパイスが効いててもいいのではないか、追加で一味などが付いてたら完璧という声がありました。

    このつけ麺を基準に、次に進みましょう。

    続いてファミリーマートのつけ麺(248円)

    narumi / BuzzFeed

    セブンと同様に数分で準備が整った。こちらは商品名が「炙り焼き豚の極太つけ麺」とあるだけに、ごろごろとしたチャーシューが際立っていました。

    「麺はセブンに比べるとやや細く、つるつると食べられる」
    「スープは魚介のインパクトはそこまでなくて、全体的にまろやか」
    「チャーシューがすごい。炙りの香ばしさがしっかり出ている」

    といった感想。麺とスープともにバランスが取れていて、幅広い好みに対応できそうです。圧巻はチャーシューで、カリっとした焦げとお肉の弾力、そして甘み。商品名でアピールするだけあります。

    総評としてはセブンに比べると麺とスープはおとなしいが、女性にも好かれそう。ガツンと食べたい人にはやや物足りないか。しかしその分チャーシューが力を発揮しており、ファミマもまた素晴らしい。

    最後にローソンのつけ麺(278円)

    narumi / BuzzFeed

    ほほう、ローソンのつけ麺はチャーシューの形といい、麺のつるつる感といい、セブンよりもファミマに近いようだ。それ以外は外見的な特徴は見られない。そうすると他社より30円ほど高いのはいったいなぜ…?

    はっ!「仕上げ用魚粉」だと!?

    narumi / BuzzFeed

    この魚粉をスープに入れたところ、当然のように魚介の旨味と香りが一気に増した。

    「スープはこれが一番。普通に専門店の味になっている」
    「麺はファミマにかなり似ている。チャーシューは及ばないが近い」
    「つけ麺はスープが命。そこにこだわったローソンは印象が良い」

    といった感想。なるほど、別添の魚粉でスープにインパクトを与えている。麺に関してはそこまでの特徴はないものの、標準レベルには達している。ただ、つけ麺はスープの出来が全体の評価を左右する。そういう意味で強い印象を残した。

    1位はセブン−イレブンのつけ麺!

    narumi / BuzzFeed

    ここまで男性陣3人で食べ比べたところ、結論として本当にわずかな差ながら、1位はセブン−イレブンのつけ麺となった。勝因は麺の太さとコシ。お腹を空かせた男性にはやはり強烈なインパクトを残した。スープも良かった。

    2位はスープのローソンか、チャーシューのファミマか。ここは好みが分かれる。麺はどちらもほぼ同じだ。どちらを食べたいかは気分によって変わる!

    あとセブン−イレブンの麺が美味しいとは思ったが、たぶん一番近いところにあるチェーンで買うと思う。

    最後に、ある事実に気づいた。

    narumi / BuzzFeed

    ファミリーマートとローソンのつけ麺はどちらも日清食品冷凍株式会社が手がけている。そしてセブン−イレブンは冷凍うどんなどで有名な株式会社キンレイだ。

    つまりファミマ&ローソンの日清食品冷凍 vs セブンのキンレイの代理戦争ということか。前者の麺がよく似ていたことにも説明がつく。

    今回はセブンの麺に軍配が上がった形だが、試食を重ねているうちに出た意見としては、「セブンの麺、ローソンのスープ、ファミマのチャーシューを組み合わせたら最強じゃない?」ということである。

    それぞれストロングポイントが異なる3社による夢の競演だ。時間とお金が許せばいつの日か、そんな最強のつけ麺を味わってみたい。