あの「松屋で最も売れたカレー」がたったの“1週間だけ”復活。

    みんなに愛される味です。

    ごろごろチキンのバターチキンカレーが期間限定で復活しました。

    松屋

    今年の夏に販売した際も大人気で、「松屋で最も売れたカレーメニュー」なったそうです。

    風味豊かなバターの香りとトマトの旨味が特徴。ココナッツミルクの甘さもあって、多くの人から愛されるカレーです。

    12月15日に発売して約1週間で終了という超短期感の限定メニューなのでさっそく松屋に行ってきました。

    生野菜セットで780円。

    毎度のことですが、バターチキンカレーだろうと、ビーフシチューだろうと、執拗に「みそ汁」を付けてくれる松屋が大好きです。

    松屋の名品「ごろごろ煮込みチキンカレー」の流れをくむ商品だけに、チキンのごろごろ具合はすばらしい。

    大きめにカットされた鶏肉がごろごろと入っています。

    実際にスプーンですくってみると、「チキンの合間にカレーが入っている」と感じるくらいチキンのボリュームがあるカレーなのです。

    見てください。スプーンに乗り切らないようなごろごろチキンを。

    ご飯にかけて食べてみると、濃厚なバターの風味とちょっとした酸味、にんにくを思わせるコクが入り混じった深い味わい。

    そしていつものスパイシーさの代わりに、ココナッツミルクの甘さも加わって、マイルドに食べられます。

    さすが「最も売れたカレー」だけあって、万人に愛されそうな高い完成度。

    こんな最高なカレーがたった1週間しか食べられないなんて…!

    ごろごろチキンのバターチキンカレーは(並)が680円、(ライス大盛)が740円。どちらもみそ汁付。

    生野菜セットはプラス100円、単品は560円です。

    今回の復活は数に限りがあるとのことで、松屋は「売切れ次第約1週間で終売いたします」としています。

    気になる人は急いだほうがよさそうですね。