最高にクールな「Apple Watch」の待ち受け画面を発見した

    とても涼し気でかっこいい。

    Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」は普通の腕時計と違って、いわゆる“待ち受け画面”というものが存在します。

    時事通信

    ここに何を表示するかで持ち主のセンスが問われてしまう、とても胃の痛い機能ですが、単刀直入に言いましょう。

    正解はこれです。

    narumi / BuzzFeed

    スケルトンです。

    自分の腕の写真を待ち受け画面にすることで、まるで透けてるようにするのです。

    一瞬そこに腕時計がないように錯覚するのに、よく見ると時間表示が腕毛の上に浮かび上がるところがオシャレ。

    設定方法は簡単。まずiPhoneで自分の腕を撮影します。

    narumi / BuzzFeed

    次に適当な範囲でトリミングし、Apple Watchに転送。

    narumi / BuzzFeed

    これくらいの画像編集ならすべてiPhone標準の写真アプリでいけます。

    5分足らずで完成。

    narumi / BuzzFeed

    これでApple Watchがスケルトン仕様になりました。なお、職場の同僚に見せたところ、反応は以下のようなものでした。

    「うわっ!なにこれ」

    「きたなっ!」

    「頭皮みたいでキモい」

    「帰れ」

    「最低…声でた…最低過ぎて」New!

    しばらくこれでいこうと思います。

    narumi / BuzzFeed

    これでApple Watchがスケルトン仕様になりました。なお、職場の同僚に見せたところ、反応は以下のようなものでした。

    「うわっ!なにこれ」

    「きたなっ!」

    「頭皮みたいでキモい」

    「帰れ」

    「最低…声でた…最低過ぎて」New!

    しばらくこれでいこうと思います。

    narumi / BuzzFeed

    これでApple Watchがスケルトン仕様になりました。なお、職場の同僚に見せたところ、反応は以下のようなものでした。

    「うわっ!なにこれ」

    「きたなっ!」

    「頭皮みたいでキモい」

    「帰れ」

    「最低…声でた…最低過ぎて」New!

    しばらくこれでいこうと思います。