• factcheckjp badge
  • medicaljp badge

「脱ステロイド」を紹介した「ザ!世界仰天ニュース」 コメント一転、番組ウェブサイトで謝罪

日本テレビ系の「ザ!世界仰天ニュース」が番組内で「脱ステロイド」を好意的に紹介した問題で、番組が公式ウェブサイトでコメントを差し替え、一転、謝罪していたことがわかりました。

日本テレビ系の「ザ!世界仰天ニュース」が番組内で「脱ステロイド」を好意的に紹介し、批判が集まっていた問題で、番組の公式ウェブサイトがコメントを差し替え、新たに謝罪コメントを出していたことがわかった。

ザ!世界仰天ニュース / Via ntv.co.jp

謝罪文にコメントを差し替えた「ザ!世界仰天ニュース」の公式ウェブサイト

トップページで、「番組内容で、治療中の多くの患者の皆様とそのご家族、携わる医師の方にご心配及びご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」とし、ステロイドの有効性と安全性に触れた上で、再発防止に努めるとしている。

この問題をめぐっては、番組は一度、「治療については、医師の指導に従ってください」というコメントを発表したが、謝罪やステロイドの有効性や安全性、脱ステロイドの危険性について触れなかったことでさらに批判が高まっていた。

番組は9月14日の放送でも謝罪する方針だという。

「脱ステロイド」が効果があるかのように放送

問題があったのは、9月7日に日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された「脱ステロイド」の体験談VTRだ。

「ザ!世界仰天ニュース」

20代の女性がステロイドを塗っても症状がぶり返すのに嫌気がさし、ステロイドの使用をやめたことで「見事に回復した」様子を、再現ドラマで好意的に紹介していた。標準治療を否定する医師が監修していたという。

だが、これは医学的に正確ではなく、危険性さえある内容だ。

放送直後から、医療者を中心にSNSなどで批判が相次ぎ、BuzzFeed Japan Medicalにこの番組の問題点について検証する寄稿をした近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司さんは、以下の3つの問題点を指摘していた。

  1. 「脱ステロイド」は民間療法であり、治療ではなく放置。ステロイドは歴史がある良い薬
  2. 顔に塗ることだけで体内のステロイドが作られなくなることはない
  3. 脱ステロイドの激しい炎症でこすったり叩いたりすることで起こる白内障、網膜剥離のリスクに触れていない


「ザ!世界仰天ニュース」

番組は公式ウェブサイトやTwitterアカウントは9月10日、以下の内容のコメントを発表したが、謝罪やステロイドや脱ステロイドについての訂正もなく、さらに批判が集まっていた。

9月7日の放送で、肌荒れを克服した女性の体験談をお伝えしました。この中で、ステロイド薬の使用を中止したエピソードに触れましたが、患者が自らの判断で薬の使用を中止すると症状が悪化することがあります。治療については、医師の指導に従ってください。

皮膚科専門医の働きかけで、謝罪に一転

このままでは番組に影響を受けた患者さんが、脱ステロイドに走り、苦しい思いをすると危惧した大塚篤司さんは番組制作者に、きちんとした謝罪や訂正をするように働きかけた。

その結果、9月13日午後、番組は公式サイトのコメントを差し替えた

新たなコメントでは、まず「番組内容で、治療中の多くの患者の皆様とそのご家族、携わる医師の方にご心配及びご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」と患者や医師に謝罪。

日本皮膚科学会のステロイドの説明を根拠としながら、

「ステロイドの外用薬は、皮膚炎の炎症を十分に鎮静することができるなど、
有効性と安全性が科学的に立証されている薬です。正しく使用すれば、全身性の重篤な副作用は起きないとされています」

と安全性と有効性を強調した。

さらに、

「患者の方が自らの判断で急に薬の使用を中止すると症状が悪化し、白内障や網膜剥離などのリスクがありますので、絶対にやめてください」と「脱ステロイド」の危険性についても触れた上で、

「治療は、医師の指導に従ってください。また日本皮膚科学会などのホームページも参考にしてください」と自己判断せず、根拠のある情報を参照するように呼びかけている。

最後には「今後、番組では再発防止に努めてまいります」と、再発防止についても触れた。

奔走した皮膚科専門医「具体的な再発防止策を」

今回、いち早く検証する記事を出し、番組の制作者にも粘り強く訂正や謝罪を働きかけてきた大塚篤司さんは、BuzzFeed Japan Medicalの取材にこうコメントを寄せた。

「まずは番組から患者さんやご家族の方に向けた謝罪があったことは評価したいと思います。ただ今回の放送を観てステロイド外用剤に不安を持ったという声も聞きます。なぜこのようなことが起きてしまったか検証し、具体的な再発防止策についても発表していただきたいです」

Contact Naoko Iwanaga at naoko.iwanaga@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here