まじか…!「小春日和」の意味、約4割の人が間違えてるって知ってた?

    ずっと間違えてました……

    突然ですが問題です

    1 春先の頃の、穏やかで暖かな天気

    2 初冬の頃の、穏やかで暖かな天気

    正解は……

    2 初冬の頃の、穏やかで暖かな天気

    けっこう間違えられている「小春日和」の意味

    日常生活や文章の中でたまに使われている「小春日和」という言葉。「春先の頃の、穏やかで暖かな天気」という意味で使っている人も多いのではないでしょうか。実はこの言葉、とっても誤用が多い言葉なんです。

    こはる‐びより【小春日‐和】

    初冬のいかにも小春らしい穏やかで暖かい日和。《季 冬》「玉の如き―を授かりし/たかし」


    出典:デジタル大辞泉(小学館)

    デジタル大辞泉によると「小春日和」の意味は「初冬のいかにも小春らしい穏やかで暖かい日和」。実は全く意味の違う言葉だったんですね……!

    約4割の人が間違っているというデータもあります

    文化庁が発表した「国語に関する世論調査」の平成26年度調査では、「春先の頃の、穏やかで暖かな天気」だと思っている人が41.7%、「初冬の頃の、穏やかで暖かな天気」だと思っている人が51.7%というデータが出ています。

    約4割の人が誤用しているなんて驚きですね……! みなさんは正しい意味を知っていましたか……?