いっそ原液を買っちゃおう! ストロングゼロの業務用タイプが使える

    濃さも量もお気の召すままに。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    みんな大好き缶チューハイ。

    なかでもサントリーの「−196℃ストロングゼロ」はアルコール度数9%のストロング系チューハイで人気だ。

    げ、原液!?

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    そのストロングゼロに、飲食店向けの希釈タイプ「ストロングゼロ コンク」があるのをご存知だろうか。

    そして、飲食店向けだけれど、Amazonで普通に売っているのだ。ラインナップはダブルレモンダブルグレープフルーツの2種類。

    好みの濃さで飲める

    希釈タイプのアルコール度数は24度。本製品とソーダを1:2で割ると8〜9%のストロングゼロの出来上がり。

    ちょっと濃いめに作るとスーパーストロングゼロだし、ストロングゼロはちょっと強すぎる人には、薄めに作るとストロングゼロの美味しさのまま軽めのチューハイが飲める。

    お酒持ち寄りにも重宝。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    「お酒1人1本ずつ持ち寄りで!」なんて時も、案外重宝する。ワインや日本酒も美味しいけれど、案外途中でシュワっと爽快な1杯を挟みたくなったりする。これ1本持っていくと、けっこう盛り上がるのだ。

    そしてハイボールなどの他の割りものとソーダを共有できるのがまたいい。缶1本飲み切らなくても好きな量作れるので、気分に合わせて好きな濃さで好きな量を飲むことができる。

    もちろん食事にも合う。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    食事のお供にもぴったりと好評のストロングゼロ。毎日の晩酌も捗ること間違いなし。

    美味しくてついつい進んじゃうけれど、あくまでもストロングゼロ。しっかりとアルコールを感じられるお酒なので、飲み過ぎにはくれぐれも注意である。

    ふつうのストロングゼロでは物足りない方へ。

    サントリー / Via amzn.to

    繰り返します。ストロングゼロ好きには魅力的すぎる商品である−196℃ストロングゼロコンクは、ダブルレモンダブルグレープフルーツの2種類。

    どちらも1800ml入りのたっぷりサイズでございます。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。