back to top

【写真】酸を顔にかけられた人たち そのありのままの姿

それは、どこにでもある悪夢。

ソニーが支援する世界最大規模の写真コンテスト「Sony World Photography Awards 2016」。大賞を受賞したイラン人写真家のAsghar Khamsehの作品は、イランでアシッドアタック(酸による攻撃)にあった人たちのポートレートの連作だ。

写真には、顔が崩れてしまった人たちの顔や体が写されている。Khamsehさんは、酸攻撃の悲惨さを多くの人に知ってもらいたいと考え、1年を費やして犠牲者たちの姿を撮影した。

「この手の暴力は、特定の国や地域に特有のものではなく、世界中に存在しています」と、KhamsehさんはBuzzFeed Newsの取材にメールで答えた。「アシッドアタックの犠牲者を支援する組織はまだありません。一部の支援者がいるだけです」

Shirin Mohamadi(18歳)

Mahnaz Kazemi(39歳)

広告

Raana Por Amrai(38歳)とFatemeh Qalandari(8歳)

Raana Mehri(29歳)

Masoumeh Atai(32歳)

Zivar Parvin(37歳)

Maryam Zamani(38歳)とArezo Hashemi Nezhad(13歳)

Mohsen Mortazavi(34歳)


Sponsored