back to top

【来日50周年】「5人目のビートルズ」と呼ばれた人たち

このほかにもたくさんいるのかも。

スチュアート・サトクリフ

Keystone Features / Getty Images

1960年。サングラスをかけて立って写っているのがスチュアート。ベーシストだったが、音楽の道から画家の道に本格的に進むため、ビートルズを脱退。その後、ポールは楽器をギターからベースに持ち替えた。1962年、21歳の若さで死去している。

広告