back to top

スプラッシュ・マウンテンに一緒に乗ってくれなかった夫に顔で復讐した女性。そして夫は…

うわあああああ。

「去年彼女と初めてディズニーワールドに行った時、一緒に乗るって約束したんです」とスティーブンはジョーダンが怖い顔をすることになった経緯を、BuzzFeedに語った。

「若いころ腎臓透析をしていたから、旅行は大変で。去年、腎臓移植して、ようやくディズニーワールドにジョーダンと行ったら、スプラッシュ・マウンテンは閉まっていたんです。その時に、次こそはスプラッシュ・マウンテンに一緒に乗るよ、って約束したのに」

ディズニーワールドでの一日の最後に、二人はスプラッシュ・マウンテンにたどり着いた。そのころには、スティーブンは疲れ果てていた。結局、一人で乗ることになってしまったジョーダンは、できる限り怖い顔をして乗ってやろうと誓ったのだった。

Steven Alexander

「大笑いしたよ」とスティーブン。「彼女も写真をみて、大笑いしていた。どうなるかわからなかったけど、完璧な出来栄えだと思ったよ!」

広告
広告

Facebookページもよろしくね!