back to top

NYで人気の巨大な小籠包。だし汁はストローで味わおう

1日の販売数はたったの25個で、30分以内に売り切れることも。

XL XLB(特大小龍包)とよばれるこの小籠包は、イースト・ヴィレッジのDrunken Dumplingで売っています。1日の販売数はたったの25個で、30分以内に売り切れることも珍しくありません。

Michelle No

こちらの小籠包は、1個作るのに8時間以上かかるため、数量が非常に限定されています。

先週、私も思い切って列に並んでみました。内心、小籠包自体は美味しそうに見えますが、すすって食べるなんて無理でしょう?って思っていました。

Michelle No

私はコーヒーで舌のやけどをしたこともあったので、スープの熱さが心配でした。ありがたいことに、だし汁は、熱いけれどもやけどするほどではない、飲むのに適した温度でした。

こちらの小籠包、普通の小籠包と比べると汁の味付けは薄めです。シーフード、牛肉、野菜、鶏肉のみによる味付けで、とても美味しいです。

「母は、だし汁に肉の味がちゃんとするようにと、気をつかっています。また体に良いものを提供するため、時間をかけてだし汁を作っています」とオーナーのYuan Leeさんは語ります。「基本的な家庭の味付けで作っていますが、やっぱり基本的な味が一番美味しいものです」

豆知識です。蒸し器の下を見逃さないようにしてください。そこにもだし汁がありますから。きっと最後の一滴まで飲み干したくなりますよ。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss