日本とどれだけ違う? 世界各国の離乳食

    国によって全然ちがう!

    世界のベビーフード事情が面白い!

    Agrigorjeva / Getty Images

    日本ではまずお粥を赤ちゃんに与えることが一般的です。しかし、国によっては離乳食を始める時期も違えば、与えるものも違います。

    ※画像はイメージです。

    1. 【メキシコ】 果物の上にチリパウダーやライム

    Amarita / Getty Images

    赤ちゃんが果物を食べるようにするために、オレンジやリンゴの上にチリパウダーやライムをかける親が多いです。

    2. 【ジャマイカ】トロピカルフルーツ

    Og-vision / Getty Images

    マンゴー、バナナ、パパイヤなどの現地でとれるフルーツに少々のハチミツをかけて与えています。

    3. 【ケニア】 さつまいも

    Steven Depolo / Creative Commons / Via flic.kr

    食べやすいようにすりつぶしたさつまいもを与えています。

    4. 【ベトナム】 魚や豚骨のスープ

    Songdech17 / Getty Images

    魚しょうゆや豚骨で味付けをしたスープにすりつぶした海老などを入れて与えています。

    5. 【インド】 米と豆のお粥

    Vm2002 / Getty Images

    クミンパウダー、ミント、シナモンなどが入った米と豆のお粥を与えます。

    6. 【アメリカ】 瓶詰のベビーフード

    Teresakasprzycka / Getty Images

    アメリカの離乳食は瓶詰が一般的であり、手作りする親はあまりいません。スーパーなどの売り場では、ベビーフードが占める面積は広いです。

    7. 【フランス】ニラネギスープ

    Handmadepictures / Getty Images

    フランスは健康思想が高く、ニラネギスープやほうれん草を与えています。

    8. 【タイ】 バナナ

    Voltan1 / Getty Images

    離乳食に向いていると言われているバナナ、「ナームワー」をすりつぶして与えます。