筋トレ歴3年の私がオススメしたい“ジム通いが楽しくなるグッズ” 7選

    運動の時間を楽しくし、効率も高めてくれるグッズを紹介します。

    ※BuzzFeedがオススメする商品です。リンク先でお買い物をすると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    突然ですが、私は筋トレが大好きです。

    Bojan89 / Getty Images

    3年間筋トレを欠かさずやってきましたが、その中でおすすめしたいグッズがあります。

    良いグッズを揃えちゃえば一気にモチベーションが上がるかも!?

    1. 靴などをラクに収納できるカバン

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    私は仕事の後そのままジムに直行することが多いので、荷物がたくさん入るカバンを使っています。

    中にはインナーポーチがあり、中がごちゃごちゃするのを防いでくれます。

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    ウェアや下着などを別々に収納できます。

    カバンの底に靴を収納できるので便利!

    Kyla Ryan / Buzzfee

    そのまま靴を入れるとかさばるので、別に収納できるのは嬉しいです。カバンの底なので、全然邪魔になりません。

    これがあれば仕事の後でも余裕でジムに直行できます。

    2.ひんやり冷たい超吸水タオル

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    これから暑くなる時期に欠かせないタオル。

    このタオルを水に濡らしてよく振ると、タオルが冷たい状態になります。1回の持続時間は3時間程度。

    ひんやりしたタオルで顔をふくと、病みつきになってしまうほど気持ちいいんです!

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    生地はとても薄く、コンパクトに収納できます。

    ボトルに収納できるので、カバンの中が濡れる心配もありません。

    3. シャンプーなどを詰められるチューブ

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    ジムでシャワーを浴びるときは、いつも使っているシャンプーを使いたいですよね。

    この詰め替えチューブを使えば、カバンの中にコンパクトに収納できます。

    大口なので、詰め替えが楽チンです。

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    シリコン製なので、容器を押せば簡単に中身が出せます。

    ピンクと青のボトルキャップで、中身を間違えることもありません。

    4. Bluetooth対応の防水イヤホン

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    私はイヤホンやヘッドホンなしではジムに行けません。自分の好きな音楽を、大音量で聴きながら筋トレをすることが何よりも楽しいからです。

    このSoundPEATSのイヤホンはBluetooth対応で、運動中に邪魔になりません。防水(IPX6)なので、汗をかいても安心です。

    コントローラ部分で音量を簡単に操作できます。

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    バッテリー持ちがよく、6時間くらい再生できます。スマホで残量バッテリーが確認できるので、運動中にうっかり電池切れという事態を防げます。

    イヤホンを収納できるポーチがついているのも嬉しい。

    5. しっかり手を保護してくれるグローブ

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    筋トレを続けていると手に豆ができてしまいますが、それを防ぐのにトレーニンググローブがおすすめです。

    甲の部分はジャージ素材なので通気性バツグン!

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    手のひら部分はクッションが入っていて、重いダンベルやバーベルを握り込むときに手が痛くなることはありません。

    私はこのグローブを1年以上愛用していますが、素材が丈夫なのでまだまだ使えそうです。

    6. 腰のサポートに役立つベルト

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    スクワット、デッドリフトなどの高負荷トレーニングをする時は腰に巻くベルトを必ず使っています。腰のケガを予防し、姿勢を安定させてくれます。

    マジックテープできつさを調整できます。

    7. 体重と体組成を記録できるスケール

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    このスケールは「体脂肪率」や「骨格筋率」の測定ができるので、トレーニングの具体的な成果が見られます。

    私は主に筋トレをしますが、減量する時は「体脂肪率」をチェックします。同時に筋肉を減らしたくないので「骨格筋率」を確認し、日々のトレーニングを工夫しています。

    「体脂肪率」を計ればトレーニングや食事制限の成果が見られるので、モチベーション維持にもつながります。

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    このスケールで計れるのは…

    ・体重、

    ・体脂肪率

    ・体脂肪率判定

    ・基礎代謝

    ・BMI

    ・骨格筋率

    ・骨格筋率判定

    ・内臓脂肪レベル

    ・内臓脂肪レベル判定

    ・体年齢

    また、前回値を記録してくれるので、成果が見れるのは嬉しい。記録は4人分までできます。

    運動は楽しんだもん勝ちです!

    記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。