ちょwww外国人が思わず笑っちゃう愛らしい誤訳

    破壊力がすごい

    この前、ドライブ中に止まったサービスエリアで笑い死にしそうな体験をした。

    それは、ひどすぎる英語訳

    おかしな英語訳なんてどこにでもあるけど、たまに強者があらわれる。今回見たのは、日本の暮らしで、見てきた中で、TOP3に入る猛者だった。

    もう一度日本語に直訳してみた。

    牛串焼き⇨Cow spit-roasting⇨牛の唾を焙煎

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    牛の唾ってどうやって焙煎するのww 

    試しにグーグル翻訳に「牛串焼き」を入れてみたら「Cow skewers」としっかりした翻訳が出たので、これはもう笑いをとったとしか思えない。

    あらびきフランク⇨Wild;saw it, and is frank⇨野生;それを見た、率直だった

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    途中の「;」がまず謎。野生で何を見たのかすごく気になる。

    黒糖かりんとう饅頭⇨Brown Sugar of Phosphorus Father Steamed Bun⇨黒糖のリンお父さん饅頭

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    「Phosphorus」は化学のリン。リンのお父さん…?かりんとうの「りんとう」がそのまま「リン父」になったのかな?

    「黒糖」と「饅頭」はちゃんと訳されているのにおしい。

    コロコロポテト⇨It is a potato around⇨これは周囲がじゃがいも

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    確かに「コロコロ」を訳すのは難しいけど、「korokoro」でもいいんじゃないか。「周囲はじゃがいも」って当たり前すぎてやばい。

    手作りアメリカンドック⇨Handmade American Dock⇨アメリカの手作りドック(船渠)

    Kyla Ryan / BuzzFeed

    これはよく見る和製英語だけど、「アメリカンドッグ」はアメリカでは「コーンドッグ」という。でもこれは「ドック」と、かけ離れた意味になってる。