back to top

「細ければいいわけじゃない」美のスタンダードを壊す女性フィットネス選手

「ヘルシーでかっこいい女性でありたい」

Kathy Shimomura

6年前に「お尻を大きくしたい」と思ったのが筋トレを始めたきっかけ。ネットで独学をし、家でバーベルやアンクルウェイトを使うようになった。

次第に上半身の筋トレも始め、本格的にトレーニングをするようになったのは2年前。

「最初は脚を太くしたくなかったし、上半身の筋トレにすごく抵抗があった」

Kathy Shimomura

「体をがっちりさせたくない、大きくしたくない」と思う女性や「細くなりたい」という思いから運動やダイエットを始める女性も少なくないはず。

実際にキャシーさんのところへ来るクライアントも最初は「細くなりたい」という人が多いという。

「しっかり鍛えて、ヘルシーでかっこいい女性になりたい」

Kathy Shimomura

「筋トレを始めてから『女性らしさ』について考え直しましたよ。脚を太くしたり、肩を大きくすればその分くびれも出ますし、バランスのとれた体になれます。仮に『体を大きくしたい』と思ってもそう簡単にはできないことです。色白でか弱いのが女性らしいとは思いません」

「クライアントが実際に変化した時に喜ぶ顔を見ることが何よりも嬉しい」

Kathy Shimomura

筋トレをしてから写真などで自分の変化を見るととても感動し、「何かを続けている」ということに大きな価値を感じるという。

-------

BuzzFeed Japanは10月11日の国際ガールズ・デー(International Day of the Girl Child)にちなんで10月6日〜15日、女性たちを応援する記事を集中的に配信します(一覧はこちら

国連機関UN Womenと資生堂のプロジェクトのメディアパートナーとして、誰もが好きなことができ、なりたい自分をめざせるように、ポップでかっこよく役に立つコンテンツで応援します。期間中、BuzzFeed Japan公式のFacebookやTwitterで該当する投稿をシェアまたはリツイートしていただくと、「1シェア=10円」に換算。ジェンダーの平等のためのキャンペーンHeForShe(UN Women)に合計額を寄付します(※寄付の対象期間は終了しました)。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss