外国人「からあげの下にスパゲッティww」→ほっともっとが長年の謎に終止符

    意外な結末に

    お弁当を買うとあることを毎回疑問に思う。

    Yuya Tamai / Creative Commons / Via flic.kr

    から揚げの下にあるスパゲッティーって何!?一体何のためにあるの?

    パスタ弁当ではないし、炭水化物もダブルになる…

    これには、在日外国人も疑問に思うようだ。

    All components of a bento have a purpose. Except for the 6 lonely strands of spaghetti under your chicken kara age #gaijinconfessionfriday

    訳:お弁当のから揚げの下にある6本のスパゲッティーっていらないと思う。

    そんな時、こんな指摘があった。

    外国人が日本での生活について本音を漏らすハッシュタグが面白いw https://t.co/f7O9Ua177z @kylamryanさんから  弁当のハンバーグの下のパスタにはハンバーグの固定とか容器の破損防止の意味があるんだよ(泣)

    「弁当のハンバーグの下のパスタにはハンバーグ固定とか容器の破損防止の意味があるんだよ(泣)」

    そんな実用的な役割があの「座布団スパゲッティー」(勝手に名前つけた)にあったの!

    「座布団スパゲッティー」の謎を明らかにすべく、お弁当屋さんのほっともっとに聞いてみた。

    Nozomi Shiya / BuzzFeed

    ほっともっと:「弁当のおかずの下にあるスパゲッティーには、主に2つの理由があります」

    ・ハンバーグのソース等を絡ませ、おかずの一つとして召し上がっていただく
    ・お持ち帰りいただく際に、おかずがずれるのを防止する

    「まず大事なのは、スパゲッティーもおかずの一つであるということです。せっかくご購入いただいた弁当ですので、メインのおかずを味わうだけではなく、から揚げに振りかけたスパイスや、ハンバーグのソースの残りなどを絡めることで、最後まで美味しく召し上がっていただけます」

    スパゲッティーがあれば最後までソースを美味しく食べられる。

    Yuya Tamai / Creative Commons / Via flic.kr

    そもそもちゃんと「おかず」としての役割はあった。他に「滑り止め」として実用的な役割も確かにあった。

    でも、スパゲッティーが「おかず」になりうるかは謎だ。