go to content

【森友学園】安倍首相「メールを見ればわかる」 籠池氏妻と昭恵夫人のメール公開

籠池氏は証人喚問で「昭恵夫人を通じて安倍首相から100万円の寄付をもらった」などと発言。安倍首相や昭恵夫人はそれを否定している。

安倍首相は「事実と異なることが語られたのは誠に遺憾。私も妻も事務所も関与していないのは明確」と、籠池理事長の証言が虚偽であると否定。ただ、「偽証罪に問う」という言葉は出なかった。

時事通信

さらに、籠池理事長の妻と昭恵夫人がメールのやり取りをしていることに触れ、「本日、すべてのやり取りを公開することにした。100万円のやり取りもないことが、メールを見ていただければよく分かる」と述べた。

ただ、すべてといいつつ、こうも言い添えた。

「妻の携帯が一時水没しているので、それ以前のことはないんですが」

籠池理事長は、昭恵夫人から「主人にとっても大変なことに巻きこまれたと理解してほしい」など、「口止めとも取れるメール」が来たと主張している。

その内容は産経新聞が3月24日朝にすでに報じており、2月25日に昭恵夫人がこんなメールを送信していることが明らかになっている。

「私もよくわかりませんが、色々気を付けなくてはいけないことがあります。私が関わったということは、裏で何かがあるのではと疑われないように、細心の注意を払わなくてはならないということだったのでしょう」

これについて、安倍首相の答弁はこうだ。

「『メールで口止めをした』と籠池氏が言っているのは、極めて遺憾。籠池氏の夫人からのメールに対し、『李下に冠を正さず』という趣旨で返信したのは明らかだ。(証言は)悪意に満ちたものであると申し上げておきたい」

ちなみに、水没についてのメールもある。産経新聞が報じた2016年6月4日のメール(要旨)には、こんなやり取りがある。

昭恵夫人:携帯水没でデータが一部飛んでしまいました。失礼ですが、お名前を教えて下さい。

籠池氏妻:今晩は。塚本幼稚園、籠池泰典の家内です。

昭恵夫人:大変失礼致しました。

昭恵夫人が100万円の受け取りや寄付金の授受について、籠池氏の妻に「記憶がないのですが」などと問う内容もある。

籠池氏は証人喚問で、国有地の取引をめぐって昭恵夫人に相談した、と述べている。さらに、夫人付きの内閣府職員からFAXで返信があった、とも。

Kota Hatachi / BuzzFeed

2015年10月、「定期借地契約の特約を延長できないか」と昭恵夫人に留守電を残したのち、「希望に沿うことはできない」「本件は昭恵夫人にも報告させていただいた」との返信が来たと主張している籠池氏。

会見でこう述べ、このやり取りを機に「財務省職員の中に忖度が働いた」と、証人喚問後の会見で指摘した。

「このFAXがあったことによって、次の土地の関係取得の方向がなんとなく進んでいった気がしております」

政府もFAXの存在を認めているが、問題がないとの立場だ。

菅義偉官房長官は3月24日の予算委で「職員からは『籠池氏から封書が来て、電話で財務省に問い合わせて答えました』との報告を受けた」と答弁し、「籠池氏が留守電を残したこと」を否定している。

また、昭恵夫人も自身のFacebookで「まったくお聞きしていません」とし、このFAXのやり取りに「私は関与しておりません」と否定している。

民進党の福山哲郎議員は予算委で、安倍昭恵夫人らの証人喚問をすべきだと求めた。

時事通信

「籠池理事長が本当のことを言ってるのかわかりませんが、偽証罪に問われる国会で宣誓し、証言した。土俵に1人で上がっている籠池さんに対し、外から『それは違う』『嘘だ』と言っている。この状況では国民は納得しない。同じ条件で話を聞くべきだ」

NHKによると、民進党や共産党など野党4党は、昭恵夫人や学校認可に関わった松井一郎・大阪府知事らの証人喚問を求める方針で一致した。

UPDATE

見出しを修正しました。

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.