Posted on 2017年5月25日

    【更新】菅官房長官、加計学園めぐり証言した前川文科前事務次官を批判 「地位にしがみついていた」

    前川喜平・文科前事務次官は「加計学園」の獣医学部新設について、「官邸の最高レベルが言った」「総理のご意向」などと証言している。

    学校法人「加計学園」をめぐり「総理のご意向」などと記した文書が「本物」であると証言した前川喜平・文科前事務次官について、菅義偉官房長官は5月25日の記者会見で「自身が責任者のときにそういう事実があったなら堂々と言うべきだったのではないか」などと牽制した。

    ともに時事通信

    前川氏は5月25日の朝日新聞週刊文春などに、「加計学園」の獣医学部新設について、「官邸の最高レベルが言った」「総理のご意向」などと書かれた文書が「本物である」と指摘。新設に至るプロセスにおいて「行政がゆがめられた」などと発言している。

    これらの証言について記者に問われた菅官房長官が、冒頭の発言をした。

    菅官房長官はこれまで、文書について「怪文書みたいなもの」などとしており、この日の会見では「文科省が行った調査結果で存在は確認できなかった」と繰り返した。

    時事通信

    そのうえで、「報道の内容に関連し、プロセスについて内閣府と文科省に確認をした」といい、改めてこう強調した。

    「内閣府は文書に書かれているようなことを言った事実はない、総理はそういう指示をしていない。文科省も指示を受けたことはなかった」

    前川氏は、文書が「専門教育課から示された」としているが、この点についても「先般の調査において担当課職員に聞き取りしている」と述べた。

    また、別の記者が文科省の調査について、「個人PCを見ていないのは子供騙しに等しくないか」と厳しく指摘したが、菅官房長官は「文科省においても適切に調査していると思っている」とかみ合わなかった。

    また、前川氏が朝日新聞のインタビューに「引責辞任は自分の考えで申し出て、大臣と官邸の了解をいただいた」と答えていることに言及。「私の認識とはまったく異なっている」とした。

    時事通信

    前川氏は2017年1月、文科省による天下りあっせん問題で引責辞任している。菅官房長官はこう説明した。

    「天下り問題については、調査に対して問題を隠蔽した事務方の責任者であり、かつ本人も文科省の再就職あっせんに直接関与していたという報告になっている」

    さらに、こうも語気を強めた。

    「当初は責任者として辞意も示さず地位に恋々としがみついていたが、世論の批判に晒され、最終的に辞任された」

    文書に関する再調査については、「文科省で適正に対応される」とし、野党が前川氏の国会招致を求めていることについては、「国会のことは従来通り国会で決められること」と述べるに止めた。

    前川氏をめぐっては、読売新聞が5月22日の朝刊で「在職中に出会い系バー通いをしていた」とスクープとして報じ、「前川氏が文書のネタ元で、それが理由で潰されたのでは」と指摘する声が出ていた。

    5月25日、与党側は民進党が要求していた前川氏の参考人招致を拒否。一方、共産党は証人喚問を要求した。

    UPDATE

    Kazuki Watanabe / BuzzFeed

    5月25日夕方、前川氏は記者会見を開き、文書が「確実に存在していたものだ」と強調した。

    そのうえで、「私が発言をすることで文部科学省に混乱が生じることは大変申し訳ないが、あったものをなかったことにはできない」と主張。

    「証人喚問があれば参ります」とも述べ、要請があれば応じる意向を示した。

    BuzzFeed Newsでは、前川事務次官の発言をめぐる経緯を【読売にスキャンダル報じられた元事務次官、週刊文春に「加計学園の文書は本物」と証言】という記事にまとめています。

    Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here