back to top

【台風5号】月曜の朝に上陸? 西日本中心に「猛烈な雨」のおそれ

四国では24時間雨量が700ミリ、東海では600ミリの予想。

強い台風5号が、日本列島を横断するおそれがある。8月7日(月曜日)朝に四国に上陸し、7日夕方にかけて関西地方に近づく予報となっている。

気象庁 / Via jma.go.jp

気象庁によると、6日午後4時現在、台風の中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。時速10キロで東北東に向かっている。

名前は「ノルー」。韓国語でノロジカを意味するこの台風は、「ノロノロ台風」でもある。速度がゆっくりとしているため、長時間影響が及ぶ恐れがあり、警戒が必要だ。

すでに鹿児島県の奄美大島や屋久島には大きな被害をもたらしており、2人が死亡している。50年に一度の記録的な大雨が降った地域もある。

特に、大雨には十分な警戒が必要だ。7日にかけて、西日本の太平洋側を中心に、断続的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が。8日には東日本を中心に大雨となる恐れがある。

80ミリの雨とは、気象庁の指標で「息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる」レベルだ。傘は全く役に立たなくなり、車の運転も危険となる。

7日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多いところで、四国で700ミリ、東海で600ミリ、近畿で400ミリ。豪雨の被害を受けた九州北部地方で、350ミリ、九州南部では300ミリ、中国・北陸地方で180ミリだ。

また、8日午後6時までの24時間予想雨量は、東海・北陸地方で300〜400ミリ、近畿地方で200〜300ミリ、中国地方で100〜200ミリと予想されている。

気象庁は、西日本を中心に、土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫に注意するよう呼びかけている。

豪雨の際、川の氾濫や土砂崩れなど災害は一気に起きる。では、自治体から出される避難情報の違いは?

首相官邸 / Via kantei.go.jp

避難準備情報は、お年寄りや障がい者、赤ちゃん、移動に時間がかかる人が避難を始めなければならない段階に出される。

避難勧告は、一般の人たちも避難を始める段階に。そして、避難指示は、被害の危険が非常に高いか、すでに被害が発生し始めた状況に出される。すぐに避難が必要だ。

無理な避難は、逆に危ない。

災害が起きているときや夜中などは、自宅の2〜3階や近くの高い建物に「垂直避難」するべき場合もある。

明るいうちに、まだ災害が差し迫っていないときに避難しておく「予防的避難」の心がけも大切だ。

台風が近づいた際に注意すべきことは、こちらにまとまっています。

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.