back to top

MX「沖縄基地反対派に日当」報道、批判に対して番組が出した見解は「議論の一環として放送」

番組で名指しされた「のりこえねっと」は、報道は「歪曲」で「まったく取材を受けていない」などと、抗議声明を出していた。

1月2日、沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設に反対する人たちについて「日当をもらっている」「組織に雇用されている」などと報じたTOKYO-MXTVの番組「ニュース女子」。「歪曲」などと集まっていた批判に対し、1月16日、番組内で初めて見解を示した。

ニュース女子WEBサイ / Via dhctheater.com

「ニュース女子」は株式会社DHCシアターがスポンサーの「ニューストーク番組」。バラエティ色もある報道番組だ。東京・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏がMCを務めている。

問題となった番組「沖縄・高江のヘリパット問題はどうなった?過激な反対派の実情を井上和彦が現地取材!」では、沖縄・高江の米軍ヘリパッドへの反対運動を、軍事ジャーナリストの井上氏が報じていた。

番組中では、反対運動への参加を呼びかける「東京で配られた」「5万円をあげると書いてある」というビラが紹介された。これに対して、配布していると名指しされた団体「のりこえねっと」は反発。

5万円は日当ではなく報道は「歪曲」で、「まったく取材を受けていない」などと、抗議声明を出していた。

また、井上氏は「トラブルに巻き込まれる可能性がある」「ここから先は危険」と説明して、反対運動の現場に言っていないが、そのリポートは高江から約40キロも離れた場所だった。

関連:「沖縄の基地反対派は日当もらっている」MX報道 その根拠となる取材と証拠とは

広告

見解が示されたのは、1月16日夜に放送された番組。長谷川氏が「今回のニュース女子はいかがでしたか。それではまたお会いしましょう」とエンドロールで語った後、この画面とともに、文書を読み上げる約15秒のナレーションが入った。

TOKYO-MXTV

「1月2日に放送しました沖縄リポートは、様々なメディアの沖縄基地問題をめぐる議論の一環として放送致しました。今後とも、様々な立場の方のご意見を公平・公正にとりあげてまいります」

BuzzFeed Newsは1月6日、同社に対し、取材が実際にされていたのか、根拠となる事実確認はどうしていたのかなど9点の質問を送付していた。しかし、それに対する回答は一切ないままだ。

同社は当初、「状況確認及びご回答の可否も含めて、結論が出ておりません事をお伝えいたします」としていた。

その後もBuzzFeed Newsは電話で確認を繰り返していたが状況は変わらず、1月16日午後9時55分(番組開始の5分前)に、以下のメールが来た。

「当社にて放送している番組『ニュース女子』に関してですが、1月16日の番組に続けて、当社メッセージを放送にてお知らせいたします。お問い合わせ頂きありがとうございました」

そうして流されたのが、前述の画面だった。

この番組をめぐっては、地元紙の沖縄タイムスが「『沖縄ヘイト』番組 真偽不明 悪意むき出し」、琉球新報が「ヘイト番組放送 沖縄への偏見拡大恐れる」と強く批判し、同社に説明を求めるなど、波紋が広がっている。

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored