back to top

新潟の大規模火災は1976年以来の大火か ほぼ半日かかりようやく鎮圧

新潟県糸魚川市大町の中華料理店付近から出火した火災は、約10時間半後にようやく鎮圧された。約140棟が炎症した大火となった。

新潟の住宅密集地で12月22日午前、大規模な火災が発生した。

悠太さん(‏@iwasawa0129)提供 / Via Twitter: @iwasawa0129

午前10時半ごろ、新潟県糸魚川市大町の中華料理店付近から出火。強風で火が広がり、付近の住宅や店舗など約140棟に延焼した。火災は午後8時50分に鎮圧となり、これ以上燃え広がる恐れはなくなった。

時事通信によると、煙を吸い込むなどして2人が軽傷。糸魚川市は午後0時20分、付近の計363世帯744人に避難勧告を発令した。現場から近い市民会館に避難所を設置し、住民ら65人が一時避難した。市内2カ所に宿泊所を設けた。

午後5時半現在、約7万5000平方メートルに被害が出ている恐れが。建物の焼損面積が3万3000平方メートル以上になれば、日本海沿岸部では1976年に山形県で起きた「酒田の大火」以来の大火となる

ツイッターには、緊迫した現場の様子が次々とアップされた。

撮影された動画からは火の手の強さ、そして住宅がいかに密集している場所なのかが伝わってくる。

煙の様子からは、現場の風がとても強い様子もわかる。人々は不安げに消火活動を見守っている。

新潟県糸魚川市の中華料理店から出火し、強風で火が今も広がっています。糸魚川市は午後0時20分、付近の計273世帯586人に避難勧告を発令しました。詳しくは https://t.co/4qeuPbXYmd (動画提供:… https://t.co/5e6senR7kz

NHKによると、陸上自衛隊は午後2時前、新潟県知事から災害派遣要請を受けた。また、県は糸魚川市に災害救助法の適用を決めた。

現場から3分ほどの糸魚川市一の宮の専門学校1年の男性(19歳)は、BuzzFeed Newsの取材に「目も開けられないほどの熱風だった」と振り返った。

現在は、風上にある自宅に避難している。

午前11時ごろ、自宅で寝ていたところ、一緒に暮らす祖母から火事を伝えられた。

「外は大騒ぎで、『早く逃げろ』と叫ぶ声も聞こえ、みんな走って逃げていました」

強い風により吹き付ける煙を吸い込んで、苦しんでいる人もいた。

「鎮火する気配はありません。まだまだ現場は騒がしいです」

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kensuke Seyaに連絡する メールアドレス:kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.