back to top

【更新】那覇空港で自衛隊戦闘機の前輪が外れ立ち往生 滑走路は2時間閉鎖

出発前に前輪が外れたという。現在、復旧作業中。担当者は「知る限り初めて」と話している。

那覇空港で、1月30日午後1時19分ごろ、航空自衛隊那覇基地のF15戦闘機が滑走路上で故障した。午後2時30分現在も、滑走路が閉鎖され、立ち往生している。

F15戦闘機(時事通信)

那覇空港事務所によると、4機編隊で訓練離陸のために滑走路に入ったところ、4番目のF15の前足(ノーズギア)のタイヤが外れ、動けなくなったという。

午後2時半現在、滑走路上で燃料を抜くなどの作業を実施している。移動させるまでは滑走路を閉鎖する。

旅客機の到着便については、出発地に戻ったり、目的地変更をしたりしている便が「かなりの量出ている」という。現在影響は集計中だ。

空港事務所の広報担当者はBuzzFeed Newsの取材に、「自衛隊機が出発時に滑走路上で擱座する(壊れて動けなくなる)というのは、知る限り初めて」と話した。

Twitterには、滑走路で作業をしている自衛隊車両を撮影した写真などもアップされている。

那覇空港 自衛隊機故障で滑走路で立ち往生中!

UPDATE

那覇空港事務所によると、午後3時9分までに機体の移動は終了。滑走路にも異常は見つからず、運用を再開したという。

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.