back to top

【高校野球】原爆から71年目のそのとき、長崎商は甲子園から祈りを捧げた

球場は、静寂に包まれた。

1945年8月9日午前11時2分。長崎市上空約500メートル。米軍のB-29から落とされた原子爆弾「ファットマン」が炸裂した瞬間だ。

Keystone, Mpi / Getty Images

直径約280メートルに膨らんだ火球は、地上にあるものを焼き尽くした。さらには衝撃波が町中を飲み込み、建物は破壊された。

1885年創設の長崎商業は当時、爆心地から1キロと少しのところにあった。原爆では、生徒と教員、合わせて174人が犠牲になっている

時事通信

それでも、長崎商業は挫けなかった。1920年に創部した野球部はその7年後の1952年、夏の甲子園に出場。ベスト4まで勝ち進んだ。

「僕たち長崎勢にとって、8月9日は特別な日なんです。県民の思いを背負って戦いたい」

被爆から71年目のこの日。朝日放送によると、試合に臨む選手たちは口々にこう言ったという。

選手たちの思いだけではなかった。試合開始直後、アルプススタンドからは黙祷が捧げられた。

提案したのは、長崎商の生徒たちだ。

「平和の思いを忘れずに、スタンドからエールを送りたい」

そんな思いを持ち、教師たちに自ら申し出たという。山梨学院の応援団もそれに応えた。甲子園は、静寂に包まれた。

ただ、選手たちは試合を中断するわけにいかない。その輪には入らなかった。

それでも、11時5分。1回の裏が終わり、長崎商の校歌が流れていた、そのとき。

時事通信

長崎商のナインはベンチ前で脱帽し、円陣を組んだ。

アルプススタンドが、校歌で包まれるなか。彼らはひっそりと、祈った。

試合には3-5で敗れたが、長崎商の西口博之監督は言った。「特別な日に試合をさせていただいた」

浦上天主堂で行われたミサ=時事通信

偶然にも、山梨学院の吉田洸二監督も、長崎出身だった。試合後、勝利監督インタビューに、こう答えた。

「戦争というと、今の子どもたちにはなかなかイメージが湧かないところもあるかもしれない。こういう日に試合をさせていただいたことを機に、平和についても生徒とともに、学んでいきたいと思います」

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.