LINEニュース地方新聞アカの自己紹介が斜め上 なんの情報が読めるかわからない

    下野新聞「ドキドキ栃木、ときどき餃子」

    LINE NEWSでニュースアカウントを開設している全国の地方新聞社などが、各々の特徴を自己PRしています。それがゆるいので、いきなりですが紹介します。

    BuzzFeed

    まずは北海道、東北地方。比較的、淡々と自己紹介しているところがほとんどです。

    BuzzFeed

    福島県には二つ新聞があるんですね。

    関東地方に近づくと、なんだか雰囲気が怪しくなっていきます。

    BuzzFeed

    下野(しもつけ)新聞の「ドキドキ栃木、ときどき餃子」のインパクトは大きいけれど、千葉同士の争いも見ものです。

    神奈川新聞は「ええ、偏っていますが、何か」という宣言で話題になった社説を引用しています。すべての記事が「埼玉版」の埼玉新聞も気になる。

    北陸や中部関西はこんな感じ。ちょっと、心がざわざわします。

    BuzzFeed

    福井新聞は「原発から恐竜」という守備範囲の広さを、神戸新聞は突然のローマ字で違いを見せつけてきました。

    新潟新聞はなぜかポケモンGO風に「新潟GO!ニュースをGET」です。流行に敏感ですね。

    中国四国にまでいくと、個性に満ち満ちた新聞社ばかりになっていきます。

    BuzzFeed

    みんな自分の県のアピールがすごいです。岡山は、鳥取はスタバとスナバ、福岡は「愛しとると」と、いきなり方言で告白。

    そんななか目立つのは、高知新聞の「自由は土佐の山間より」。自社名も県名もアピールしない姿勢は、どことなく土佐藩っぽくて惹かれます。

    沖縄の2紙はどんな内容だろうと思っていましたが、予想の斜め上を行っていました。

    BuzzFeed

    ちなみに、僕はチャンプルーが大好きです。沖縄は、足りていないかもしれません。夏休みに行きましたが。

    LINEによると、このキャッチコピーを考えているのはそれぞれの会社とのこと。

    現在、長野(信濃毎日新聞)や愛知(中日新聞)など10県をのぞく37都道府県から、全40紙が登録されているそうです。今後も拡大する方針だとか。

    これを機に、いろんな地方の情報を仕入れてみると良いかもしれませんね。

    ちなみに、BuzzFeedもLINEニュースのアカウントがありますよ。いまならムーミンのスタンプがもらえます。

    Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here