back to top

北海道地震で拡散「4時間で携帯電話が使えなくなる」をドコモが否定、ただしすでに不安定なエリアも

災害時は、曖昧な情報やデマが拡散されやすい。

updated

北海道で起きた最大震度7の地震をめぐり、「4時間で携帯電話が使えなくなる」という情報がネット上で拡散している。

Twitterより

広がっているのは、以下の定型文だ。Twitterを中心に、LINEやFacebookなどのSNSを通じて拡散されている。

⚠️拡散希望⚠️
NTTの方からの情報です。
只今道内全域で停電しているため電波塔にも電気がいかない状況なので携帯電話もあと4時間程度したら使えなくなる可能性がでてきたそうです。
なるべく1人で行動せず家族や仲間、友人などと共に複数で安全な場所に避難して下さい。

拡散されているものの中でも早い時間帯、午前8時半ごろに投稿されたツイートは、すでに3000以上リツイートされている。

「携帯が4時間後に使えなくなる」は誤りだ。NTTドコモは「そのような事実はない」と否定した。

BuzzFeed Newsの取材に対し、NTTドコモ北海道支社の担当者は「すでに20件以上の問い合わせをいただいているが、4時間でつながらなくなるという情報は、弊社の方で公表していない」と答えた。

役場や消防署などの「主要拠点」の基地局にはバッテリーがあり、電力供給がなくなっても24時間は使うことができるという。

一方で、そのほかの拠点は電力供給の影響を受けてしまう。今回の地震では停電も各地で相次いでいるため、つながりにくくなっている地域が多数存在するという。

そうした地域の情報および復旧情報はホームページ上で公開されている。備えが大切なのは、間違いない。

災害時は、曖昧な情報やデマが拡散されやすい。

今回のように「NTTの方から」などと書かれ、一見信頼できるように見える。ただ、その多くは伝聞であるということが、「デマ」を見分ける一つの手段だ。「自衛隊情報」として、「午後8時に大きな揺れが予想されている」という情報も広がっているが、これも科学的な根拠は一切ない。「断水が起きる」「携帯が役場で充電できる」などの情報も広がっており、帯広市役所などが否定している。熊本地震の際には、「ライオンが脱走した」というデマをTwitterで拡散した男性が逮捕されている例もある。拡散させる行為だけでも混乱を招く可能性があるので、災害時の情報の取り扱いには十分な注意が必要だ。
BuzzFeed

今回のように「NTTの方から」などと書かれ、一見信頼できるように見える。ただ、その多くは伝聞であるということが、「デマ」を見分ける一つの手段だ。

「自衛隊情報」として、「午後8時に大きな揺れが予想されている」という情報も広がっているが、これも科学的な根拠は一切ない。「断水が起きる」「携帯が役場で充電できる」などの情報も広がっており、帯広市役所などが否定している。

熊本地震の際には、「ライオンが脱走した」というデマをTwitterで拡散した男性が逮捕されている例もある。

拡散させる行為だけでも混乱を招く可能性があるので、災害時の情報の取り扱いには十分な注意が必要だ。

一部表現を修正しました。

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.