back to top

バンクシーの絵画、1億5千万円で落札直後、自動的にシュレッダーでバラバラに?!

主催者は「私たちはバンクシーされた」とコメントしている。

イギリス・ロンドンで開かれたオークションで、ストリートアーティスト・バンクシーの作品が落札された瞬間、シュレッダーで「自滅」するという珍事が起きた。

バンクシーが仕掛けた美術史にも例を見ない出来事が、世界中に驚きを与えている。

自滅したのは、約1億5500万円で落札された「少女と風船」。バンクシーの代表作の一つとして知られている。

競売人が落札を告げるハンマーで机を叩いた直後、額縁に内蔵されたシュレッダーが起動。シュレッダーは、絵の半分をバラバラにしたところで止まった。

オークションを主催したサザビーズは声明で、「ハンマーが鳴った直後に絵画が自らシュレッダーにかけられるのは、おそらくオークション史で初めての出来事」としたうえで、「予期せぬできごとはすぐにアート界の歴史となった」と述べた。

AFP=時事通信

一方のバンクシーは、自身のInstagramに、あっけに取られる参加者の様子をアップ。

オークションの最後の決め台詞「going, going, gone」(いいですか、いいですか、はい決まり)とコメントしており、現場から装置を作動させたと見られている。

さらに、額縁にシュレッダーを仕込む様子などを種明かしした投稿では「いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ」というピカソの格言を引用した。

サザビーズの現代アート欧州担当者は声明で、「私たちは、バンクシーされた(banksy-ed)」とコメントした。

バラバラになった絵画が破損扱いとされるのか、シュレッダーが仕込まれていたことによって「値上がり」するのかは定かではない。

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.