back to top

百田氏「朝日読者も日本の敵」 朝日新聞広報がTwitterで初めて抗議

Twitterで批判されることが多い朝日新聞だが、広報の公式アカウントで抗議をしたのは初めてだった。

朝日新聞広報部の公式Twitterが1月15日、小説家・百田尚樹氏に対し、ツイートで「強く抗議」した。Twitter上で批判されることが多い朝日だが、このような形で抗議を返すことは初めてだ。

「朝日の読者も日本の敵だ」と作家の百田尚樹さんが発信していますが、特定の新聞の読者を敵視するような差別的な発言に強く抗議します。私たちはこれからも建設的で多様な言論を尊重し、読者とともにつくる新聞をめざします。 https://t.co/gPrAqMeM14

朝日新聞が「読者を敵視するような差別的な発言」と抗議したのは、百田氏の1月13日のツイートだ。

これは首を賭けてもいい。 もし、中国と日本が軍事衝突をすれば、朝日新聞は100パーセント、中国の肩を持つ。 朝日新聞は日本の敵だが、そんな売国新聞を支えている朝日の読者も日本の敵だ。

「中国と日本が軍事衝突をすれば、朝日新聞は100パーセント、中国の肩を持つ」と断言し、「朝日新聞は日本の敵」「そんな売国新聞を支えている朝日の読者も日本の敵だ」と結論づけている。

このツイートは6500近くリツイートされ、13500以上の「いいね」が付いている(1月15日午後4時半現在)。

日頃から朝日新聞に対し、「誤報を垂れ流す新聞社」「捏造新聞」などと指摘している百田氏。この一つ前のツイートでも、「マジで潰れてもらわないといけない!!」などと述べている。

百田氏に限らず、 朝日新聞への批判ツイートは多い。なぜ、今回初めて広報の公式アカウントから抗議を返したのか。

BuzzFeed Newsが朝日新聞に取材したところ、広報から回答があった。

「百田尚樹氏がツイートの中で、弊紙の読者を『日本の敵』と決めつけたためです。弊社としては、看過できません」

朝日新聞の広報アカウントは、2017年8月に開設された。これまでは、新聞社として、政治家や評論家などに抗議したり、提訴したりする際は、「提訴しました」などと事実関係をツイートするだけだった。

今回のように、Twitter上で正面から抗議を返すのは実は初めてだ。

その理由について、広報部によると、今回は百田氏の発言を「ツイッター上での中傷」と捉え、Twitter上で反論したという。

記事の冒頭で紹介したこの抗議ツイートは、7000回以上リツイートされ、同じく7500以上の「いいね」がついた(1月17日午後4時半現在)。

百田氏はこの朝日新聞のツイートに対し、1月16日早朝にこう反論した。

朝日新聞の広報さん、 私はたしかに朝日新聞と読者を敵視したようなツイートをしましたが、差別的な発言はしていません。 なんでもかんでも、すぐに「差別だ!」と、がなりたてるのはやめませんか。精神が弱者ビジネス丸出しですよ。 https://t.co/6h40JEH6nB

朝日新聞と読者を「日本の敵」とした発言は、「敵視したようなツイート」と認める一方で、「差別的な発言」ではなく、そのような指摘は「弱者ビジネス」と改めて批判した。

この指摘に対する見解も質問したところ、朝日新聞広報部はこう回答した。

「ツイートした内容以上のコメントはありません。この件に限らず、今後も必要に応じてツイッターなどで弊社の見解や立場を説明いたします」

百田氏はその後も「私に絡むのもいいが、朝日新聞・広報に応援リプライを送ってやれよ」「百田尚樹と朝日新聞とのバトル、Yahoo!ニュースにもなってる」などと投稿している。

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.